ペロペロキャンディーのセミオーダー、はじめます。


ペロペロキャンディー
それはきっと誰もが記憶の片隅にあるような
見つけたら「あ~懐かしい」と思わず手にとってしまうような、
そんな存在。

ペロペロ木刺したあと-min.JPGのサムネール画像
近年、そんなペロペロキャンディーが注目を浴びているのをご存知ですか?

モデルの藤田ニコルさんや

にこるんこれ

韓国の人気グループTWICE

TWICE
を筆頭に、ペロペロキャンディーが「かわいいもの」「手に持ちたいもの」としてアイコニックな存在で見られるようになってきました。
特にインスタグラムなどのSNSでは「一緒に写るとかわいい」撮影のツールとして投稿されているのも見受けられ、ペロペロキャンディー自体のエンターテインメント性が高まっているように感じます。つまり、いままで思っていた「ただの食べもの」ではなく、「存在自体がかわいいもの」として人目に触れる機会が増えてきたのを肌で感じています。

今こそ、昔から愛されてきたペロペロキャンディーが、
新しい価値とともに生まれ変わるチャンスなのでは・・



まいあめ工房をスタートさせてから10年が過ぎ、ほとんどのオリジナルキャンディーを企業様向けに製造してきた中で、最小ロットである

3,500個の壁

というのが我々の前、そして個人のお客様の前に高く立ちはだかっていました。3,500個は個人が捌くにはあまりにも数が多すぎる・・・それを理由に断念されるお客様もたくさんいらっしゃいました。昨年末にオンラインショップを立ち上げ、既存飴を少量で販売することで個人のお客様にもまいあめを楽しんでいただく機会が増えたとはいえ、「オリジナルオーダーキャンディー」を楽しんでいただきたいのに、なかなか叶わない、という悩みは尽きませんでした。


見えない市場の図
この図のように、個人と企業の中間に必ずや見えない市場があることには気づいていたのですが、いままで具現化することができず、どうすればここの層にリーチできるのか、頭を悩ませてきました。そこで近年顕著になってきたペロペロキャンディーの盛り上がり。時代の流れもあり、目に触れる機会も増え、はたまた希望されるお客様もじわじわと増えていくなかで、ようやくペロペロキャンディーが持つ可能性と価値に気付かされたのです。


そしてありがたいことに、前述の見えなかった市場はオリジナルオーダーかつ個人の方にも気軽に手にされやすいロット数と金額で製作可能な、ペロペロキャンディーがぴったりとマッチすることに気づいたのでした。


構想5ヶ月。

本日、ついに、
ペロペロキャンディーのセミオーダーサイトを開設します。

sp_banner_peropero.jpg 最小ロットは120本から。
お好きな色合い、お好きなパッケージ仕様で
職人が1本1本手作業で大切に受注生産いたします。

結婚式のプチギフトに、企業イベントのノベルティに、
販売用のグッズに。


ペロペロ完成-min.JPG
まいあめ工房のこれから、それは
昔からあるお菓子に現代にあった味付けを加えて
新しい価値を創造していく。
それが、長く続いているものを残すために必要なことなのかな。と、うっすら、だけど、確かに感じています。
いろいろなお菓子のオルタナティブな存在でいられるように。
キーボードのaltキーを押すと新しい展開が開けるように、
元々あるものに「まいあめ」というaltキーを押すことで
新しい世界の扉につながるような、そんな存在になっていけたらいいなと
感じはじめています。


ペロペロキャンディーの新しい価値、
ぜひお試しください。



2018年も全国の受験生へ合格飴を届けます

東風吹かば 匂ひおこせよ梅の花 あるじなしとて春な忘れそ

合格飴-min.jpg
いよいよセンター試験も今週末となり受験シーズン到来です。
全国の受験生の皆様、御家族の皆様も落ち着かない日々かと思います。
まいあめ工房の合格飴の注文もピークを迎え、連日出荷に追われています。
皆さんがどうか合格しますようにと祈りつつ、検品をしています。

ところで冒頭の短歌、
ご存知の方ばかりとは思いますが、学問の神様、菅原道真公が詠んだ歌とされ、
道真公、つまり天神様が祀られる神社(天満宮)は全国に12,000社。
優れた学者、文人であった道真公は学問の神様として世の信仰を集めます。
全国の天満宮が受験生で賑わうのはこのためで、
このお正月でも多くの皆さんが絵馬に願いごとを書き、合格を祈願したのではないでしょうか。

受験生の皆さん、
苦しい受験の日々ももうあと少し。
最後に夢を叶えてくれるのは自分の今までの努力です。
ひとつひとつの積み重ねが大きな力となって、最後は花を咲かせます。
こんなに辛い日々はもう嫌だと思うかもしれませんが、必ず春は来ます。
あともう一踏ん張り、まいあめ工房のスタッフも全力で応援します。

おそらく受験生の皆さんがこのブログを読むことはないかと思いますが、
親御さんやご親族さんが読んでくださっているかもしれません。
ここで僭越ながら受験生時代のエピソードをひとつ。
受験前夜、目が冴えてしまって夜中になっても全く眠れなかったのですが、
「目をつむって横になっているだけでも脳は休まるから大丈夫だよ。」
と声をかけてもらい、安心してその後すっと眠れたのを覚えています。
受験生本人は緊張しきっているかと思いますが、
どうか周りの皆さんがリラックスさせてあげてください。
ちなみにわたしはゆずの栄光の架橋をエンドレスリピートで聞いていました!
頑張った自分へのはなむけの曲として最高です。じんわりしますし自信がつきます。

いよいよ受験シーズンもラストスパート。
まいあめ工房も受験生の皆さんの心強い存在でいられるよう、一生懸命合格飴を製造します。
どうか頑張る皆さんに届きますように。

【ご挨拶】本年もありがとうございました。

年末挨拶ブログ2017年も終わりを迎えようとしています。
今年は特にSNSの威力に驚かされた1年でした。
去年、2016年12月28日時点のInstagramのフォロワーは約600人。
スライム動画を皮切りに、どかんと伸びたフォロワーの数は2017年12月28日、
本日10,325人となっています。
あの動画の分析ブログの最後に、

このフォロワーの方たちに飽きてしまわれないよう、
日々組み飴の素晴らしさを伝えていくことが今のわたしの使命です。


と書きました。
果たしてこの決意が守られていたのか、甚だ自信を持って言えるわけではないのですが、
あの日からもコツコツ写真や動画をアップしてきたからこそ、こんなにも多くの皆様に見ていただいていると思います。

来年は、今年で10年目になるオーダーメイド「オリジナルキャンディ」のサービスも引き続き精力的に取り組み、それ以外でも新しいサービスを提供できるよう、進行中です。

大きなヒットでなくても、急激な売上の増加でなくても、毎日1人でも多くの方がまいあめのファンになってくださればそんなに嬉しく、心強いことはありません。
ファンの方達に楽しんでいただけるよう、新しいコンテンツや、商品を生み出していきたい。そう意気込んでいます。
なぜなら、従業員たった10人の小さな会社でも、コンテンツを少しずつでも出し続けてきたことが、今のまいあめに繋がっているからです。

ブログ担当になって約1年。続けること、生み出すこと、本当にたやすいことじゃなくて、悩んだり、もう全然だめよ・・・と思うこともありました。
でも、わたしがまいあめのためにできること、将来のためにできることを考えて、やってみる。
お客様の要望に実直に応えるスタッフも、新しい商品を生み出すスタッフも、
まいあめ工房のベースや地盤を作って支えているスタッフも、そしてもちろん職人も、
みんながみんな、自分にできることを、それぞれのフィールドで取り組む。
意見が食い違うこともあるけれど、それは、
それぞれに「まいあめ」に対する想いがあるから。
「まいあめ」って幸せだな、と思います。

来年も、周りへの感謝の気持ちを忘れず
みんなが前を向いて、一歩一歩進んでいけるように。

2018年のまいあめ工房にも乞うご期待です。
今年も1年お世話になりました。来年もどうぞよろしくお願いいたします。


Google CM【大仏を見上げたい篇】にまいあめ工房のスタッフが出演しています


Google アプリのCMにまいあめ工房の専務と広報が出演しております!

Googleキャプチャ

実は我々は夫婦なのですが、
日々発信しているメディア等を通じて
キャスティングの方よりご連絡をいただき
「ご夫婦でいろいろな場所に遊びに行かれているのを見て」
と、GoogleのCM出演の依頼をいただきました。

撮影当日、どこに行くか全く知らないわたしから
いかに「大仏」というキーワードを引き出すか、が
一大ミッションだった専務。
東京に住んでいた時期、ある大仏を見に行きたくて行きたくて
結局行けずじまいだったのが心残りになっていて。
大仏の詳細が明らかになるにつれて
どんどん興奮していくわたしの様子もお楽しみください(笑)




15人ほどでいらっしゃったクルーの皆さんがとっても温かく、
緊張せずに自然体でいられたこともあってか
わたしたち夫婦の普段通りの日常を切り取ったかのような自然な動画。
友人の多くからも「そのままだね」、と。

1本の動画、たった(と言っては失礼かな)30秒の動画を作るのに
これだけの人、いや、きっと見えない部分で事前にも事後にも
もっと多くの人が関わっていて、皆さんが一生懸命考えたり
編集したりしてこの動画が出来上がっていることを考えると
クリエイティブな世界の大変さ、凄さを肌で感じることができた現実に
じわじわと込み上げるものがあったのでした。
だってわたしたちは日々
こうやって作られたメディアに感覚や感情を揺さぶられているんだから。
撮影後からCMを見る目が変わったのは言うまでもありません。


改めて、このような貴重な機会をいただき
一生の思い出となりました。


飴とはあまり関係がなく恐縮なのですが
皆様へのご報告とさせていただきます。


今後ともまいあめ工房をよろしくお願いいたします!


--------
撮影地:名古屋市美術館、岐阜大仏(正法寺)

2018年度お年賀飴 予約受付スタートです


皆さんこんにちは。

ハロウィンも終わり、11月がやってきました。
今年も残すところあと2ヶ月。クリスマスの準備とともにそろそろ新年の準備を、と思う方も多いのではないでしょうか。

さて今日は、毎年楽しみに待っていてくださる方も多い
【お年賀飴】について少しお話を。

謹賀新年撮影指-min.JPG

まいあめ工房では毎年、
次の年をお迎えするにふさわしい「お年賀飴」をご用意しています。

勢揃い.jpg


皆さんはお年賀を毎年準備されていますか?
新年のご挨拶に伺う際、お年賀としてお菓子などを贈る習わしがありますよね。
習わしというのは不思議なもので、
「ないと失礼にあたるから」「みんなが用意しているから」「これが当たり前だから」
そんな理由でわたしもなんの疑問もなく、準備してきました。

まいあめ工房も例年のごとくお年賀飴の準備に入り
みんなでせっせと予約販売の支度をしていたある日、ふと、
「ん?そもそもお年賀ってなんだ?」というハテナが浮かびました。

漢字から読み解くと「年を賀(よろこぶ)」。
う〜ん、それはわかるのだけど・・・
いつものようにグーグル先生に頼って調べたことをまとめると

--------------------------

その昔、
お正月にはその年の「歳神様(としがみさま)」が各家庭に降りてこられると言われていて
その歳神様に失礼のないよう、家を隅々まで大掃除し、
しめ縄や門松の飾り付けをし、お供え物を用意してお迎えしていたそうです。
そして新年の挨拶の際には、歳神様をまつる神棚などへのお供え物を
互いに持参する習わしが定着していき、これが現在の、
新年の挨拶に添える贈り物「お年賀」の起源と言われているようです。

--------------------------

訪問する相手への心遣いという点にほっこりしつつ、
「習わし」にはちゃんと意味があることを実感しました。
(諸説あるかもしれません

これを踏まえて、改めて
皆さんの節目の日にまいあめが活躍できるだなんて
とても幸せなことだなあと感じています。

皆さんの大切な方々へのご挨拶のお供に
お年賀飴が華を添えられるよう、準備を頑張りますっ!


そしてそんなお年賀飴、
本日より予約受付スタートです。

発送は2017年12月1日から。

毎年デザインが変わる干支飴に加え、
今年はその他の飴もデザインを変えてみました。


2018年(平成30年)の干支「いぬ」
いぬブログ.jpg

おめでたい代表格「赤富士」
赤富士ブログ.jpg

職人技の極み「謹賀新年」
謹賀新年ブログ.jpg

そして昨年初めて登場したお年賀箱にも新バージョン。
熨斗の名入れ部分のオーダーを承ります。

オーダー熨斗.jpg

ご注文いただいた商品の発送は2017年12月1日からです〜!
なお、今年から代引き決済をなくし、
クレジット決済やコンビニ決済が可能となりました◎
お年賀飴の詳細が気になる方はこちらからどうぞ。

bnr_onlineshop.jpg

毎年「今年のお年賀は何にしよう・・・」とお悩みの方、
ちょっと新しくて懐かしい、受け取る方の笑顔が浮かぶような
【お年賀飴】 ぜひご検討ください。


皆さまが大切な方々と
日本のお正月にぴったりの「組み飴」で
楽しい2018年のお正月を迎えられますように。


オリジナルデザインの組み飴作りの日誌。まいあめ工房の組み飴デザイナーが、組み飴作りの舞台裏をつづります。

組み飴デザイナーって?

オリジナルデザインの組み飴を作る際、飴の絵柄(形や色の組み合わせ)には、組み飴で表現しやすいものとそうでないものとがあります。そのため、組み飴独特のデザイン技法が使われます。

まいあめ工房では、お客様からいただいたオリジナル飴の原画をより良く再現するために、専任の組み飴デザイナーがお客様のデザイン画を組み飴用にデザインし直し、ご提案しています。

過去の記事(月別)

  • 組み飴でどこまで再現できるか?
  • まいあめができるまで

まいあめの関連商品

  • 合格飴
  • 「ありがとう」飴
  • 「祝」飴
  • 「よろしく」飴
  • 寿・めでタイ飴入り「まいボックス」登場!
  • ハードキャンディーのオリジナル制作