漢字四文字は至難の業

キャンディーはコミュニケーションツールなので、まいあめ工房へのオーダーはメッセージ性が高いものがニーズとしては多いです。

「ありがとう」「よろしく」など日常的によく使う挨拶のようなメッセージはまいあめ工房の定番商品としてご用意していますが、会社の名前とかサービスなど、ダイレクトに伝えたいメッセージはオリジナル製作として依頼を受けるわけです。

もちろん飴の直径が約20ミリ、デザインを表現できるスペースとしては直径で15ミリの円でしかないので、特に文字数にはシビアな限界があります。

横一列でいえばアルファベットであれば確実に読めるようにするには6文字
ひらがなでは4文字


まあデザイン的に融通をきかせて2行にとなれば多少は冒険もできます。

しかしですね、2行で漢字4文字

これはかなり厳しいですね。

何しろ漢字の場合、画数が多くなりがちです。

画数が多くなればそれだけ組み立てる際のパーツ点数が多くなり、時間もかかりますしリスクも高くなります。

ですが、依頼するお客様にとってはそのあたりはなかなかご理解いただくのは難しいこともあったり、現場サイドも
「思いきって作っちまおうか!」
などと、元気のいいことを言ったりするので、数年前でしたら絶対お断りしていたような

「漢字四文字」

などをそこそこ作っていたりします。

そこで今回ご依頼いただいたのは、こちら

20120420_01.jpgデザインとして描いてしまえば丸の中に「保険相談」ことありませんが、これを飴にするとなるとそれはそれは至難の業です。

何しろ「線」ではなく、「物体」を使って組み立てないとだめなんですから。

パーツ点数でいえば100近くなってます!

40分以内に作りきらないと、背景の白い部分が透明になってしまい失敗です・・・。

白い部分は透明な飴に空気を含ませ光を乱反射させることで白く見せるわけですが、時間がたてば空気が抜けて乱反射しなくなり透明に戻ってしまうので、意図した配色にならないためです。


作る直前にまるで喧嘩をしているようなハイテンションな打ち合わせがありまして、青と白の飴のパーツわけを確認しつつ飴が炊き上がったら一気にハイペースで作業に入ります。

外科医だったらブラックジャックをほうふつとさせる手さばき、そしてその組織力はチームドラゴンも真っ青といってもいいほどのものです。

制限時間内に何とか組み上げ、直径20ミリに引き伸ばしてカットする瞬間は、どんなデザインであろうと緊張感が漂うものですが、今回は特に張りつめた空気が流れました。



そうして出来上がったものはこちら


20120425_3.jpg
いかがでしょうか?

皆様のご感想をお待ちしております!

オリジナルデザインの組み飴作りの日誌。まいあめ工房の組み飴デザイナーが、組み飴作りの舞台裏をつづります。

組み飴デザイナーって?

オリジナルデザインの組み飴を作る際、飴の絵柄(形や色の組み合わせ)には、組み飴で表現しやすいものとそうでないものとがあります。そのため、組み飴独特のデザイン技法が使われます。

まいあめ工房では、お客様からいただいたオリジナル飴の原画をより良く再現するために、専任の組み飴デザイナーがお客様のデザイン画を組み飴用にデザインし直し、ご提案しています。

過去の記事(月別)

  • 組み飴でどこまで再現できるか?
  • まいあめができるまで

まいあめの関連商品

  • 合格飴
  • 「ありがとう」飴
  • 「祝」飴
  • 「よろしく」飴
  • 寿・めでタイ飴入り「まいボックス」登場!
  • ハードキャンディーのオリジナル制作