夏に向けてのオリジナルキャンディーで熱中症対策!

今年も電力供給が懸念される中、ゴールデンウィークが明けたところからこの夏の気象情報がマスコミをにぎわしてます。

猛暑になるのかどうなのか、それによって大きく国民生活が変わってしまう以上神経質にならざるを得ません。

そんな中ここ数年来ちょいと注目をあびている夏の食品として、「塩飴」があります。

熱中症対策用として上手に塩分を補給しようという発想ですね。

塩飴そのものはそれこそ昔からありましたが、時流に合わせて切り口を変えることで「熱中症対策飴」として再ブレイクということです。

まいあめ工房ではデザインはもちろですが、味についてもできるだけお客様の要望にお応えできるようかなりのバリエーションを準備していますが、夏に向けてのオリジナルキャンディーということで特にリピートをいただいているお客様から今年は味のバリエーションを増やし塩分補給用の飴のご依頼をいただくようになりました。

すでに政策が完了したものから一部ご紹介させていただきます。

夏のハードな屋外作業をされるお客様からの依頼の飴がこれです。

20120521_1.jpg
左の白地のクレーン車の飴は塩分補給用の塩飴です。

中央の社名入りはレモン味で夏向けにクエン酸たっぷり

そして右のピンクの外周のものは梅味でこれまたかなりすっぱめに作ってあります。

他にも屋内作業が非常に暑くなってしまう職場(まいあめ工房の工場内もかなり暑いですがw)などからの依頼もあります。

鉄鋼メーカー様などは複数社からすでにご依頼を受けていたりします。

夏の販促企画としてメッセージ付の熱中症対策飴というのもアピール度が高いと思いますよ!

節電&健康管理に是非!





オリジナルデザインの組み飴作りの日誌。まいあめ工房の組み飴デザイナーが、組み飴作りの舞台裏をつづります。

組み飴デザイナーって?

オリジナルデザインの組み飴を作る際、飴の絵柄(形や色の組み合わせ)には、組み飴で表現しやすいものとそうでないものとがあります。そのため、組み飴独特のデザイン技法が使われます。

まいあめ工房では、お客様からいただいたオリジナル飴の原画をより良く再現するために、専任の組み飴デザイナーがお客様のデザイン画を組み飴用にデザインし直し、ご提案しています。

過去の記事(月別)

  • 組み飴でどこまで再現できるか?
  • まいあめができるまで

まいあめの関連商品

  • 合格飴
  • 「ありがとう」飴
  • 「祝」飴
  • 「よろしく」飴
  • 寿・めでタイ飴入り「まいボックス」登場!
  • ハードキャンディーのオリジナル制作