Pinterest飴 その後の胸を熱くするお話

以前このブログでも紹介したけれど、ソーシャルメディア研究所の熊坂さんからの依頼で「Pinterest飴」を制作しました。

pin_top.jpg

熊坂さんは苦労の末、なんとかPinterestのCEO Ben Silbermann に手渡すことに成功し、飴は最終的にPinterestチームに贈られ、スタッフからお礼のメールまでいただくことになり企画としては大成功となりました。

pinterest_team.jpg
ここで、めでたしめでたし。と終わるかとも思ったのですが、ここからさらに「その後」の話題も入ってきました。

以下熊坂さんのFacebookからの引用です。

----------------------------------------------------------------------------------------------------

Pinterestで最もフォロワーが多いのは、Jane Wangさんで300万人、ぶっちぎりです。
謎の人ですが、実は創始者ベン・シルバーマンのお母さんで、眼科医です。

Wangさんは148人しかフォローしていないのですが、なぜか、なぜか私をフォローしてくれてるんです。
正直ちょっと自慢ですw

なぜ彼女が私をフォローしたかというと、やはり手作りのPinterest飴を送ったことが、お母さんとしてはすごくうれしかったのだと思います。

息子が全力をかけているPinterestというサービスを、一番熱心に使って、一番愛しているのはお母さん。そのことを考えると、胸が熱くなるのです。

--------------------------------------------------------------------------------------------------------

ありがとうございます。こちらも胸が熱くなってしまいます。

ちなみに Jane Wangさんが、Pinしてくださっている写真はこちらです。


インターネットなどのインフラが整ったおかげで、一個人が情報を発信するハードルは極端に低くなり、また伝播するスピードも驚異的な速さです。

でもしかし、今回のPinterest飴にまつわるエピソードや後日談からうかがえるのは、「アナログは人の心に深く刺さる」ということですね。

そしてその心に刺さった思いもデジタルを通して多くの人に共有されていくというほほえましいスパイラルが存在しするということ・・・。


まいあめを通してそういった笑顔のスパイラル、胸を熱くする思いのスパイラルのお手伝いができればと、改めて思うお話でした。




オリジナルデザインの組み飴作りの日誌。まいあめ工房の組み飴デザイナーが、組み飴作りの舞台裏をつづります。

組み飴デザイナーって?

オリジナルデザインの組み飴を作る際、飴の絵柄(形や色の組み合わせ)には、組み飴で表現しやすいものとそうでないものとがあります。そのため、組み飴独特のデザイン技法が使われます。

まいあめ工房では、お客様からいただいたオリジナル飴の原画をより良く再現するために、専任の組み飴デザイナーがお客様のデザイン画を組み飴用にデザインし直し、ご提案しています。

過去の記事(月別)

  • 組み飴でどこまで再現できるか?
  • まいあめができるまで

まいあめの関連商品

  • 合格飴
  • 「ありがとう」飴
  • 「祝」飴
  • 「よろしく」飴
  • 寿・めでタイ飴入り「まいボックス」登場!
  • ハードキャンディーのオリジナル制作