ありがとう飴を出版記念に!

蒸し暑い日が続いていますので、作業効率も悪く何とかしなければと思っている時に、ちょっと楽しいお手伝いをさせていただきました。

弊社もソーシャルメディアを活用しつつ、マーケティングに生かしているつもりですが、特にFacebookでは海外向けに
Japanese Art Candy」というFacebookページを運営したりして、情報発信に努めています。

そんな中小企業でも十分に参考になり運用できるようなノウハウのいっぱい詰まった本が出版されることになりました。


WS000000.JPG
多くの方が執筆されており、非常に内容の濃い本に仕上がっているようです。

この本の出版に際して、7月7日にはセミナーが開催されることになっていますが、そのセミナーに本当に僅かですが協賛させていただくことになりました。

といっても、まいあめ工房としてはもちろん飴の協賛になります。

7月7日の土曜日、13時から18時までと長時間参加してくださる皆さんへの感謝の気持ちを込めて、ありがとうの飴を2個。
姉妹サイト「まいボックス工房」の協力を得まして、こんな感じでプレゼントさせていただきます。

FB.jpgありがとう飴はもちろん個別包装の上パッケージに2個入っています(写真は見栄えを良くするため個別包装は省きました)

パッケージデザインは同時発売されるFacebookデザインプロフェッショナルガイドと裏表となっています。

まいあめとまいボックスのコラボ企画プレゼントですが、参加者みなさんへの良いお土産になれば幸いです。

オリジナルデザインの組み飴作りの日誌。まいあめ工房の組み飴デザイナーが、組み飴作りの舞台裏をつづります。

組み飴デザイナーって?

オリジナルデザインの組み飴を作る際、飴の絵柄(形や色の組み合わせ)には、組み飴で表現しやすいものとそうでないものとがあります。そのため、組み飴独特のデザイン技法が使われます。

まいあめ工房では、お客様からいただいたオリジナル飴の原画をより良く再現するために、専任の組み飴デザイナーがお客様のデザイン画を組み飴用にデザインし直し、ご提案しています。

過去の記事(月別)

  • 組み飴でどこまで再現できるか?
  • まいあめができるまで

まいあめの関連商品

  • 合格飴
  • 「ありがとう」飴
  • 「祝」飴
  • 「よろしく」飴
  • 寿・めでタイ飴入り「まいボックス」登場!
  • ハードキャンディーのオリジナル制作