あの修復フレスコ画をパロった飴がアッコにおまかせ!で、紹介されちゃったよw

9月2日の午前8時前、朝っぱらから岩盤浴していたところにメールが入り、何気なく見ると「アッコにおまかせ!」のスタッフからのメール!

Σ(゚Д゚;エーッ!

なんて思いつつ、確認!

どうも「例の修復画像」をモチーフにした飴の画像が使いたいようで、その許諾でした。

この画像ですねwww

kansei.jpg使っていただくのは何ら問題ないのですが、商標の関係もありますので、例の修復フラスコ画の「金太郎飴」とか「金太郎あめ」とか使用せず「組飴」などの表現をしてください、とお願いだけしておきましたが、実際の番組では金太郎飴と使用しちゃったようですね(見ていないので自分で確認できてませんが)

製造にあたってのいきさつについては、8月31日に付のブログを参考にしていただくとして、本質的には若い職人の技術習得の一環としてチャレンジさせたわけです。

日本の伝統技術を次世代につなげることを使命としているまいあめ工房では、こういった活動を通して「組飴という技術を知っていただく」ことも重要な仕事だと思っています。

一人でも多くの方に知っていただくことで、若い職人の励みになったり、職人を目指す人が増えてくれたりすることが我々まいあめ工房スタッフの喜びです。

ご連絡いただいたうえで、まいあめ工房とこのブログのURLをご紹介していただければ、制作過程と完成画像はお使いいただいて構いませんので、皆さんよろしくお願いいたします。

オリジナルデザインの組み飴作りの日誌。まいあめ工房の組み飴デザイナーが、組み飴作りの舞台裏をつづります。

組み飴デザイナーって?

オリジナルデザインの組み飴を作る際、飴の絵柄(形や色の組み合わせ)には、組み飴で表現しやすいものとそうでないものとがあります。そのため、組み飴独特のデザイン技法が使われます。

まいあめ工房では、お客様からいただいたオリジナル飴の原画をより良く再現するために、専任の組み飴デザイナーがお客様のデザイン画を組み飴用にデザインし直し、ご提案しています。

過去の記事(月別)

  • 組み飴でどこまで再現できるか?
  • まいあめができるまで

まいあめの関連商品

  • 合格飴
  • 「ありがとう」飴
  • 「祝」飴
  • 「よろしく」飴
  • 寿・めでタイ飴入り「まいボックス」登場!
  • ハードキャンディーのオリジナル制作