例の修復画飴で、組飴兄弟テレビデビュー!?(プレゼント企画あり)

まいあめ工房では日々さまざまなデザインを一発勝負で制作しております関係で、あらゆる意味で「切り替え」が重要なキーワードです。

成功の余韻に浸っていてもダメですし、うまくいかなかった後悔にとらわれてもダメ。

決められた時間に総括した後、すぐ次の仕事へと潔く取り組む姿勢が大切です。

そんなこともあって、「例の修復画飴」も作ってしまった後は淡々と日々の仕事に向かっており、定番商品企画として

etoame_midoshi_01.jpgのようなお年賀飴(来年の干支巳年にちなんだヘビの飴と、おめでとう飴、よろしく飴が3個セットになってます)や

毎年多くの受験生の皆さんから支持をいただいています「合格飴」などの企画準備や製造なども手掛けていました。

goukaku_big.jpg

そんなこんなで、気持ちも切り替え、例の修復画飴はすでに記憶の彼方へとしまわれていってしまったかのように日々過ごしていたのですが・・・。

おかげさまでこのブログで記事にしました 「例の修復画」の飴を作ってみた が反響を呼び実に1200を超える「いいね」がついてしまったためか、テレビ局などからも取材依頼をいただきまして、これも若い職人の勉強の場だと受け止め、テレビスタッフがいる目の前で緊張の中作るという試みを行いました。

切り替えどころか蒸し返しですw

放送していただくのは、10月9日23時58分の「特報!B級ニュースSHOW」という番組で新番組の第一回放送です。

実はこのブログの下書きができた段階(2012年10月8日17時)でTBSさんより連絡があり9日のお昼の番組「ひるおび!」で放送するかもしれないということでした。
なんと、10月9日はテレビ放送ダブルヘッダーかも!?


*さらに後日談。スタッフからご連絡いただいた通り9日の13時30分過ぎに放送されました。多くの方にご覧いただいたようでありがとうございました。


取材スタッフもわざわざこのために東京から来てくださっていることもあり、慣れない組飴兄弟はいつも以上に緊張気味です。

5_01.jpg

この日はテレビ取材ということでもあり、スタッフ全員イベントなどの時に着るユニフォーム「飴魂Tシャツ」にハンチングといういでたちで挑んでいます。

13_01.jpg
飴魂とかいて「あめだま」と読みます。飴玉を魂を込めて作るという職人の意気込みをデザインしたものです。

18_01.jpgこの段階になると、カメラマンの動きも集中しているためか気にならなくなっているようで、普段通りの作業風景に落ち着いてきました。
やはり、経験を積むということは大切ですね。

普段も同じように緊張して作っているとはいえ、こういった独特の雰囲気の中で飴を作るというのは望んでもできることではないため、組飴兄弟も自覚しているのでしょう、本当に成長していく過程が手に取るようにわかります。


23_01.jpg
組みあがった飴を引き延ばす前段階、兄のヒロ君の表情をカメラはどんなふうにとらえたのでしょうか?見てみたいなw


2回目の製作ですが、さすが手作りです。前回の趣が違いますwより絵画的になってという意見もありますが、サルからネアンデルタール人に進化したという意見も多々ありましたw
31_01.jpg
こうしてなんとかテレビ取材デビューを終えた組飴兄弟。

結果的に2回も制作した「例の修復画飴」ですが、まいあめ工房のお客様にプレゼントをしておりましたが、まだ残っております。

今回の組飴兄弟テレビ取材デビューを応援していただける皆さんのために、この味わい深いコーヒーキャンディーを50セットほどプレゼントいたします。

ご希望の方はお年賀飴合格飴の「いいね」ボタンを押していただいたうえ、このブログにFacebookにログインした状態でコメントをお寄せいただくくか、Twitterにてハッシュタグ  # 例の修復画飴   をいれてツイートし、こちらまで「例のコーヒーキャンディー希望」の件名にてお申し込みください。

お申込みの多い場合は申し訳ございませんが抽選とさせていただきます。今週中に集計いたしまして、来週発送予定です。

味わい深いこのコーヒーキャンディーを是非皆様でお召し上がりください。


オリジナルデザインの組み飴作りの日誌。まいあめ工房の組み飴デザイナーが、組み飴作りの舞台裏をつづります。

組み飴デザイナーって?

オリジナルデザインの組み飴を作る際、飴の絵柄(形や色の組み合わせ)には、組み飴で表現しやすいものとそうでないものとがあります。そのため、組み飴独特のデザイン技法が使われます。

まいあめ工房では、お客様からいただいたオリジナル飴の原画をより良く再現するために、専任の組み飴デザイナーがお客様のデザイン画を組み飴用にデザインし直し、ご提案しています。

過去の記事(月別)

  • 組み飴でどこまで再現できるか?
  • まいあめができるまで

まいあめの関連商品

  • 合格飴
  • 「ありがとう」飴
  • 「祝」飴
  • 「よろしく」飴
  • 寿・めでタイ飴入り「まいボックス」登場!
  • ハードキャンディーのオリジナル制作