「特報!B級ニュースSHOW」でまいあめ工房が放送されました

先月取材していただきました、テレビ東京さんの「特報!B級ニュースSHOW」に10月16日ついに放送されました。

著作権のこともあり販売していないという形をとっていたので、扱いもどうかと思いましたが番組のトップでしたので結構しっかりと枠があったような気がしてありがたかったです。

製作している風景も手短ではありますが、とてもうまく編集されていました。関係者の皆様に本当に感謝です。

私はともかく、若い二人の職人のインタビューがしっかり放送されたのはまさに「デビュー」にふさわしい感じで、あくまで私個人の感想ですが「よかったなぁ」としみじみ思ってしまいました。

B級01.jpgテレビ画面だとちらつきが激しいので、プロジェクターを使って表示し撮影してみました。

二人の笑顔とコメントがなかなか良いですね。デビューとは思えません。

ニュースにコメントをつけるやくみつるさんは、コミックコレクターの私にとっては「はたやまハッチ」時代からのファンですので氏のコメントにドキドキしながら見ておりました。

B級02.jpg
まいあめ工房の取り組みについてはまじめに評価していただけたようで、大変ありがたかったですw

深夜の番組ではありましたが、こういった若い職人たちからの、

「日本の伝統的な技術を継承するため、話題性のあるタイムリーなトピックも積極的に取り入れ、日々努力しています」

というメッセージは、タイトルの「特報!B級ニュースSHOW」というゆるさを超えて伝わったのではないかと、手前味噌かもしれませんが感じました。

これからも若い世代が誇りを持って仕事ができるような環境作りと、広報戦略を徹底し、組飴技術を後世に継承できるよう仕事をしていきたいと改めて思いました。


オリジナルデザインの組み飴作りの日誌。まいあめ工房の組み飴デザイナーが、組み飴作りの舞台裏をつづります。

組み飴デザイナーって?

オリジナルデザインの組み飴を作る際、飴の絵柄(形や色の組み合わせ)には、組み飴で表現しやすいものとそうでないものとがあります。そのため、組み飴独特のデザイン技法が使われます。

まいあめ工房では、お客様からいただいたオリジナル飴の原画をより良く再現するために、専任の組み飴デザイナーがお客様のデザイン画を組み飴用にデザインし直し、ご提案しています。

過去の記事(月別)

  • 組み飴でどこまで再現できるか?
  • まいあめができるまで

まいあめの関連商品

  • 合格飴
  • 「ありがとう」飴
  • 「祝」飴
  • 「よろしく」飴
  • 寿・めでタイ飴入り「まいボックス」登場!
  • ハードキャンディーのオリジナル制作