総選挙となると「必勝飴」が

忙しさにかまけているうちに、あわただしく政局も動き、気づいたら年内総選挙という事態になっていて、電話などをいただいて現実に引き戻された。そんなような今日この頃です。

どのような電話があって現実に引き戻されたのかといいますと、

「『必勝飴』って販売していますか?」

この問い合わせ電話です。

あ、必勝飴!本当だ!

必勝飴.jpg

いやいや忘れていましたよ。大事なことを。。。

前回も前々回もそういえば作ったなぁ。。。

「近いうち」発言が出たころはどのタイミングで作ろうかと考えてはいましたが、野田総理と私との「近いうち」に対する認識の違いと、忙しさですっかり総選挙のことが頭から離れていました。

生産スケジュールをどこかで組みなおさなきゃ!!

前回の総選挙はちょうど良いタイミングで新聞社からの取材の打診を受けていましたのでこんな感じで掲載いただきました。

朝日新聞さんと

2009年総選挙朝日新聞.jpg
中日新聞さん

2009年総選挙中日新聞.jpg

さすがに中日新聞さんにはちょっと名古屋弁っぽいローカール色が漂ってますw



年末年始はイベントごとが多くて、例年かなり忙しくなります。

お年賀飴も今年はご要望に応えるべく予約販売を受け付けていますので今も一生懸命作っていますし、年が明ければもうすぐセンター試験ですので、毎年毎年多くの方々に支持されています「合格飴」も今年はリニューアルして販売する関係で、すでに作りこみを始めています。

10個袋合格飴.jpg

そのほかさまざまなお客様の、オリジナルキャンディー制作のあわただしい中何とかやりくりして、必勝飴の制作スケジュールを12月28日か29日で何とかひねり出しました。

もうなんというか、計画性のなさというか底の浅さが出てしまったようなお話でスタッフの間ではかなりの顰蹙ものだったのですが、そこへ一本の電話が・・・・

「◎◎新聞の写真部ですが、必勝飴の制作予定がありましたら取材させていただきたいのですが・・・」

いやぁ、ありがたいです!
是非是非お願いします!


というわけで、順調に取材され記事など目にされましたら、「いいね」ボタンやコメントをお願いします。

有権者の皆様12月16日は権利を行使しに行きましょうね!

オリジナルデザインの組み飴作りの日誌。まいあめ工房の組み飴デザイナーが、組み飴作りの舞台裏をつづります。

組み飴デザイナーって?

オリジナルデザインの組み飴を作る際、飴の絵柄(形や色の組み合わせ)には、組み飴で表現しやすいものとそうでないものとがあります。そのため、組み飴独特のデザイン技法が使われます。

まいあめ工房では、お客様からいただいたオリジナル飴の原画をより良く再現するために、専任の組み飴デザイナーがお客様のデザイン画を組み飴用にデザインし直し、ご提案しています。

過去の記事(月別)

  • 組み飴でどこまで再現できるか?
  • まいあめができるまで

まいあめの関連商品

  • 合格飴
  • 「ありがとう」飴
  • 「祝」飴
  • 「よろしく」飴
  • 寿・めでタイ飴入り「まいボックス」登場!
  • ハードキャンディーのオリジナル制作