まいあめチャンネル「オープニングミュージック」が完成しました

まいあめ工房は「オリジナルキャンディー」の製作を仕事としております関係で、発信しますさまざまなコンテンツ類も当然「オリジナル」を重要視しています。


s-gintama.jpg

自社メディアでオリジナルコンテンツを発信しないと、「まいあめ工房の製作するオリジナルキャンディーのクオリティーそのものが問われる」というまさに「オリジナルスパイラル」にどっぷりつかっているわけで、そのスパイラルから抜け出そうという気はもちろんさらさらなく、やはりできるだけ「オリジナル」にこだわっていこうと、ますますスパイラルの中心へとダイブする日々です。

今年に入り「まいあめチャンネル」を開設しましたが、動画として発信するコンテンツの中でも特にシリーズ化したいものが2パターンありまして、そのシリーズのための素材動画などもコツコツ撮影しています。




シリーズであるためにはそれらしく、オープニング動画の製作も進行させているのですが、動画の素材撮影や編集はなんとかかんとかできるので、バックに流れる音楽「まいあめチャンネルのオープニングミュージック」も、これは絶対必要だなと・・・。

そうはいっても借り物やフリー素材を使うというのはオリジナルスパイラルの中心にダイブする覚悟を決めたわけですから、どうしても避けたいということで、高校時代使っていたフルートを持ち出して頑張って作曲から収録までを・・・・。

s-ensou.jpg

なんてできるわけがないので、友人であるフルハウスの岩崎さんにお忙しい中無茶ぶりし、作っていただけることとなりました。

打ち合わせというのは名ばかりの一方的なまいあめ工房側の想いをぶちまけたうえで

「わかりました。その方向で!」

と、さすがにプロフェッショナル。頼もしい限りの返事をいただき、製作途中打ち合わせにかこつけてお寿司屋さんで密談するなどの日々を経て、このたび完成に至ったわけですよ。

あー、うれしい!

ゲーム音楽ではないですし、言うまでもなくハンドメイドな「超アナログ技術」を駆使するまいあめですので、コンピュータでの打ち込み候の音楽は作れないわけで(笑)、生演奏の収録にこだわっていただきました。

まいあめで各パーツを割り振って作るかのような進行で、これだけ見ていると何がどうなるのかさっぱりわからないというところまでまいあめの製作過程のようです(笑)

最後はうちの大将よろしくプロデューサーの岩崎さんがしっかり仕上げてくださいました。






オープニング動画は音楽同様テーマに合わせて2種類。

まいあめ工房制作の飴の出来栄え同様、期待してください!

近日公開です!



オリジナルデザインの組み飴作りの日誌。まいあめ工房の組み飴デザイナーが、組み飴作りの舞台裏をつづります。

組み飴デザイナーって?

オリジナルデザインの組み飴を作る際、飴の絵柄(形や色の組み合わせ)には、組み飴で表現しやすいものとそうでないものとがあります。そのため、組み飴独特のデザイン技法が使われます。

まいあめ工房では、お客様からいただいたオリジナル飴の原画をより良く再現するために、専任の組み飴デザイナーがお客様のデザイン画を組み飴用にデザインし直し、ご提案しています。

過去の記事(月別)

  • 組み飴でどこまで再現できるか?
  • まいあめができるまで

まいあめの関連商品

  • 合格飴
  • 「ありがとう」飴
  • 「祝」飴
  • 「よろしく」飴
  • 寿・めでタイ飴入り「まいボックス」登場!
  • ハードキャンディーのオリジナル制作