祝『Pokemon GO』! モンスターボール飴を作ってみた。

Pokemon GOのローンチを祝して、モンスターボール飴をつくってみました。

13699414_1251689461531439_715191961_o (1).jpg

なんとこのブログ初の「出落ち」的な展開ですが、気にせず進めてまいります(笑)

3500個制作して、すでにナイアンテック(日本法人)様と任天堂様にお送りしました!

13718175_1251691231531262_927975682_o.jpg

タイトルのPokemon GOとまいあめ工房はどうも結びつかないというよりも、むしろそこはかとない「違和感」しか感じられないかとは思いますが、社長の私には並々ならぬ「思い入れ」があります。

どうですこの写真!

21INGRESSジョン・ハンケ社長と2ショット.jpg

ナイアンテックのCEO ジョン・ハンケ氏と私のツーショットです。

ミーハー要素の少ない私ですが、有名人との唯一のツーショット。

私の出で立ちが怪しいのは、エージェントのコスプレ風になっているためでご容赦ください(笑)

Ingressの京都での大規模アノマリーの際アフターパーティーで弊社が制作した「Ingress飴」を非常に喜んでくださり、一緒に食べた記念の写真です。


ナイアンテックのIngressという、Pokemon GOの前身となるゲームのエージェント(プレイヤー)として、日夜活動を続けてきた私にとって「Pokemon GO」は、Ingressのコンセプトである「世界をゲーム板に」を一部のマニアだけでなく、文字通り世界の人々に理解してもらうツールとしての思い入れが、格別に強いのです。

私自身、仕事に明け暮れる日々の中「楽しく運動」という価値感の極北にいるような生活をしておりました。

ところがIngressのエージェントとして活動できたおかげで、日々楽しくウォーキングすることができダイエットも無理なくできたという、ありがたいお話だっったわけです。

そんな思いを、ナイアンテックの日本法人の村井社長と任天堂広報部様にお届けいたしました。

なにぶん版権のあるものですので、弊社でどうこうするつもりもありません。関係者の皆様で楽しんでいただければ幸いです。

と言いましても、せっかくですので作った飴で少し遊んで写真を撮ってみました。

13720530_1251686458198406_1715611816_o.jpg

懐かしい画面に飴を合わせてみました!

13718007_1251685658198486_405757164_o.jpg

ARで切り開かれる新しい楽しみの世界をみんなでゲットだぜ!

オリジナルデザインの組み飴作りの日誌。まいあめ工房の組み飴デザイナーが、組み飴作りの舞台裏をつづります。

組み飴デザイナーって?

オリジナルデザインの組み飴を作る際、飴の絵柄(形や色の組み合わせ)には、組み飴で表現しやすいものとそうでないものとがあります。そのため、組み飴独特のデザイン技法が使われます。

まいあめ工房では、お客様からいただいたオリジナル飴の原画をより良く再現するために、専任の組み飴デザイナーがお客様のデザイン画を組み飴用にデザインし直し、ご提案しています。

過去の記事(月別)

  • 組み飴でどこまで再現できるか?
  • まいあめができるまで

まいあめの関連商品

  • 合格飴
  • 「ありがとう」飴
  • 「祝」飴
  • 「よろしく」飴
  • 寿・めでタイ飴入り「まいボックス」登場!
  • ハードキャンディーのオリジナル制作