ハリウッドセレブにチャレンジ!ニコラス・ケイジの飴を作りました

10年近くもネットでオリジナル飴制作の依頼を受けておりますと、いろいろご依頼をいただきます。

その中にはたまに「似顔絵」というものがあり、実はこれがなかなか難しいんですね。

これは兵馬俑の兵士の似顔絵です。雰囲気出ていますか?

IMG_1350.JPG

そんな7月のある日、問い合わせが入りました。
依頼欄には

■ 会社名・組織名 : ギャガ株式会社

■ 部署名 : 映像事業部 配給宣伝グループ

の文字が・・・。

お酒もタバコもギャンブルもしない私が買うものはもっぱら本とBlu-ray。
レンタルではなく、blu-rayを買っちゃっています。結構映画が好きなわけです。

一人で映画を見る際はそれなりの準備をし、7.1chのTHXの爆音で鑑賞しておりますので、お客様が映画配給会社となるといつもと違いちょっとときめく私。

問い合わせの備考欄を読んでいくと・・・・

「映画の前売特典として主演俳優ニコラス・ケイジの顔を・・・」



ナニーーーー!


ニコラス・ケイジですとぉぉぉ


さっと書棚を見ただけでも、「ザ・ロック」「魔法使いの弟子」「ノウィング」の3作があり、もしかして私ってニコラス好き(笑)

ニコラスケイジ映画ディスク

まいあめ工房では、映画のタイトルとか、アイコンだとか、キャラクターとかは製作実績がりますがハリウッドセレブ・超一流俳優の似顔絵は初めてです。

ウキウキ気分でスタッフに打ち合わせを任せ、イラストを待つことに。

ニコラス・ケイジの似顔絵といえば私だけかもしれませんが「浦安鉄筋家族」の大沢木晴郎を思い出してしまいます(笑)

待つこと数日、送信いただいた画像はこちら
Nicolas Cage.jpg

モノトーンの、むづかしいタイプじゃないですかぁぁ

このタイプのデザインは白と黒の飴の分量をベースにしたラインの太さだけで表現するため、ごまかしがきかず難易度が高くなります。

ポイントはやはり「頭」でしょうか。禿げ上がった感じが単なる「ライン」に見えたら終わりですしねぇ。

あまりにディディールにこだわりますと全体のバランスが崩れ失敗してしまいますので、弊社にて飴用のデザインにリメークします。

リメークした後は、ギャガさんのご担当者に確認していただき、ご了解を得たものを「設計図」として使用しました。

これが今回のパーツ割りを施した設計図です。

ハリウッド俳優とて遠慮なくパーツに割られます。

DSC_0002.JPG


ニコラス・ケイジらしい「ヘアスタイル」にすることが大前提です。
おでこはかなり大きいパーツを取ってます。
髪の毛部分はラインに見えないようにヘアピース(笑)みたいなものを付け足してありますね。

鼻や口元などは、記号も振っていないような細かなパーツで構成されています。

白い飴は空気を含ませ細かい気泡が入っており時間が経つと空気が抜け縮んでいきます。

どのくらいの時間がかかり、そのためパーツがどのくらい縮むのかを考えた上で分量を決めていくのでこれまた厄介なわけです。

飴が炊けて、味をつけ、色分けが済んだらここからは一気に制作。時間との戦いです。

DSC_0013.JPG

細かな作業を手早く行う必要がある、「目」の部分から制作開始。

この部分を一番先に手掛けるのは、飴の中心部に来る可能性が高いため飴が一定の硬さに冷めきらず、回転させながらカットする関係で、捻れるリスクがあるためです。

早めに作って固めておきたいということです。

DSC_0023.JPG
見えませんか?

揃えますね。

DSC_0024.JPG
ニコラス・ケイジであろうと、レオ様であろうと、飴で目だけを作るとキモいですね・・・。

どんどんパーツ取りをして、成型し、組み上げていきます。

顔らしくなっていますが、この時点ではニコラス・ケイジをイメージして面長に作ろうという意図がありありと見えますね。

DSC_0028.JPG
ニコラス・ケイジ本人は、こんな風にされているとは想像もしないだろうなぁ(笑)

周りのパーツを巻いていますが、うまくパーツ取りしてバランスよく巻かないと面長の顔が丸くなっちゃうので注意が必要なんです。
大将の目が厳しいのはそのせいかもしれません。

DSC_0033.JPG
遠目で見るといい感じかも。これは結構イケてるのではないでしょうか!

ハロウィン絡みの企画ですので、ハロウィンらしくオレンジ色の外周をぐるりと巻いて

DSC_0035.JPG

伸ばしていきますが、やっぱり人の顔だとすごいことになりますね。

DSC_0036.JPG

ちなみに、飴の両端はデザインがはっきり出ないため、製品にはなりませんのでご安心ください。

あとはこれを引き延ばして、カットしていくわけです。

さて最終の出来上がりはというと、私がギャガ様にお送りした動画を「gooいまトピ」さんが短時間に編集したもにしっかりくっきり登場しますので是非動画でご覧ください。






上記ページでは、製作者目線ではない「取材切り口」で製作過程を楽しんでご覧いただけます。

今回の、「ニコラス・ケイジ飴」は10/22(土)より全国順次ロードショーの『ペイ・ザ・ゴースト ハロウィンの生贄』の前売鑑賞券を購入していただくと、【ニコラス・ケイジ飴】がニコ!特典としてついてきます!!


かなり渋く愛嬌のあるニコラス・ケイジ飴となりました。


特に眉毛〜目にかけてがたまりません。


是非ぜひ前売券をお買い求めくださいませ!
(劇場が限られているようですので上記サイトをチェックしてくださいね)


オリジナルデザインの組み飴作りの日誌。まいあめ工房の組み飴デザイナーが、組み飴作りの舞台裏をつづります。

組み飴デザイナーって?

オリジナルデザインの組み飴を作る際、飴の絵柄(形や色の組み合わせ)には、組み飴で表現しやすいものとそうでないものとがあります。そのため、組み飴独特のデザイン技法が使われます。

まいあめ工房では、お客様からいただいたオリジナル飴の原画をより良く再現するために、専任の組み飴デザイナーがお客様のデザイン画を組み飴用にデザインし直し、ご提案しています。

過去の記事(月別)

  • 組み飴でどこまで再現できるか?
  • まいあめができるまで

まいあめの関連商品

  • 合格飴
  • 「ありがとう」飴
  • 「祝」飴
  • 「よろしく」飴
  • 寿・めでタイ飴入り「まいボックス」登場!
  • ハードキャンディーのオリジナル制作