看板犬インスタフォロワ−4000人&雑誌掲載記念プレゼント!

まいあめ工房のInstagram公式アカウントは@myamejpとして運営しておりまして、おかげさまで現在フォロワー数が8500人となっています。
そのほかに裏アカウントというわけではないのですが、職人見習いの女性スタッフが運営しているまいあめ工房の看板犬のアカウントもあります。

mumu_insta.jpeg

弊社の看板犬は生後6ヶ月の白い柴犬で「むむ」と言います。

IMG_2159.JPG

運用担当者が地味に続けておりまして、現在フォロワーは四千人超。

Instagramの #白柴犬 ではそこそこ人気のようです。

そんなのんびりとした看板犬の日常だったのですが・・・・

皆さん、このような雑誌があるのをご存知でしょうか
mumu_001.jpgのサムネール画像

柴犬専門誌。その名もずばり「Shi-Ba」

こちらの編集者から
「インスタで拝見しました。ぜひ看板犬の日常を取材させてください」
とのご連絡をいただきました。

もうインスタ運営者兼飼い主は有頂天。ドヤ顔です!

IMG_9953.JPG

編集の方によると、ただ単に「むむ」の写真だけではなく、看板犬としてまいあめ工房の仕事内容を紹介するという設定で掲載してくださるとのこと。

おお、でかしたぞ。看板犬というか、立派な広報犬として自分の餌代は自分で稼いでくれるというわけです。


2月のある日、午後からほぼ半日かけて取材を受けて、掲載された記事がこちらです。

mumu_005.jpgmumu_004.jpg


mumu_007.jpgmumu_006.jpg


さすがにプロですね。私たちが撮ったらこんなに可愛く綺麗には撮れません。

さて、弊社雑誌掲載記念として取材時に作りました「看板犬むむの飴」をプレゼントすることにいたしました。

応募方法は、下記ページにアクセスしていただき、インスタアカウント、お名前、メールアドレスを入力、送信ボタンを押していただくだけとなっております。

IMG_2163.jpg

抽選で30名の方にお送りいたします。
(当選した方にメールにてご連絡。後ほど送付先を確認させていただきます)

どしどしご応募ください。


オリジナルデザインの組み飴作りの日誌。まいあめ工房の組み飴デザイナーが、組み飴作りの舞台裏をつづります。

組み飴デザイナーって?

オリジナルデザインの組み飴を作る際、飴の絵柄(形や色の組み合わせ)には、組み飴で表現しやすいものとそうでないものとがあります。そのため、組み飴独特のデザイン技法が使われます。

まいあめ工房では、お客様からいただいたオリジナル飴の原画をより良く再現するために、専任の組み飴デザイナーがお客様のデザイン画を組み飴用にデザインし直し、ご提案しています。

過去の記事(月別)

  • 組み飴でどこまで再現できるか?
  • まいあめができるまで

まいあめの関連商品

  • 合格飴
  • 「ありがとう」飴
  • 「祝」飴
  • 「よろしく」飴
  • 寿・めでタイ飴入り「まいボックス」登場!
  • ハードキャンディーのオリジナル制作