Google CM【大仏を見上げたい篇】にまいあめ工房のスタッフが出演しています


Google アプリのCMにまいあめ工房の専務と広報が出演しております!

Googleキャプチャ

実は我々は夫婦なのですが、
日々発信しているメディア等を通じて
キャスティングの方よりご連絡をいただき
「ご夫婦でいろいろな場所に遊びに行かれているのを見て」
と、GoogleのCM出演の依頼をいただきました。

撮影当日、どこに行くか全く知らないわたしから
いかに「大仏」というキーワードを引き出すか、が
一大ミッションだった専務。
東京に住んでいた時期、ある大仏を見に行きたくて行きたくて
結局行けずじまいだったのが心残りになっていて。
大仏の詳細が明らかになるにつれて
どんどん興奮していくわたしの様子もお楽しみください(笑)




15人ほどでいらっしゃったクルーの皆さんがとっても温かく、
緊張せずに自然体でいられたこともあってか
わたしたち夫婦の普段通りの日常を切り取ったかのような自然な動画。
友人の多くからも「そのままだね」、と。

1本の動画、たった(と言っては失礼かな)30秒の動画を作るのに
これだけの人、いや、きっと見えない部分で事前にも事後にも
もっと多くの人が関わっていて、皆さんが一生懸命考えたり
編集したりしてこの動画が出来上がっていることを考えると
クリエイティブな世界の大変さ、凄さを肌で感じることができた現実に
じわじわと込み上げるものがあったのでした。
だってわたしたちは日々
こうやって作られたメディアに感覚や感情を揺さぶられているんだから。
撮影後からCMを見る目が変わったのは言うまでもありません。


改めて、このような貴重な機会をいただき
一生の思い出となりました。


飴とはあまり関係がなく恐縮なのですが
皆様へのご報告とさせていただきます。


今後ともまいあめ工房をよろしくお願いいたします!


--------
撮影地:名古屋市美術館、岐阜大仏(正法寺)

オリジナルデザインの組み飴作りの日誌。まいあめ工房の組み飴デザイナーが、組み飴作りの舞台裏をつづります。

組み飴デザイナーって?

オリジナルデザインの組み飴を作る際、飴の絵柄(形や色の組み合わせ)には、組み飴で表現しやすいものとそうでないものとがあります。そのため、組み飴独特のデザイン技法が使われます。

まいあめ工房では、お客様からいただいたオリジナル飴の原画をより良く再現するために、専任の組み飴デザイナーがお客様のデザイン画を組み飴用にデザインし直し、ご提案しています。

過去の記事(月別)

  • 組み飴でどこまで再現できるか?
  • まいあめができるまで

まいあめの関連商品

  • 合格飴
  • 「ありがとう」飴
  • 「祝」飴
  • 「よろしく」飴
  • 寿・めでタイ飴入り「まいボックス」登場!
  • ハードキャンディーのオリジナル制作