暑い夏を乗り切る『熱中症対策飴』今年もスタート

昨年大好評をいただいた「水分とって飴」いわゆる
「熱中症対策飴」

8水分できあがり集合.JPGのサムネール画像今年も、デザインリニューアルを経てついに製造がはじまりました!

塩いれ.JPGもちろん今年も、
まいあめ工房でおなじみの沖縄県粟国島の【粟國の塩】入りの塩レモン味。
なんとこの粟國の塩、
某雑誌で多数の料理家さんがおすすめの調味料として挙げていました。

粟国の塩パッケーじ.jpg これを混ぜ込み、組み組み

パーツ組立1.JPGのサムネール画像 パーツをどんどん組み立て

とって.JPG ほぼ組完.JPG ローラー.JPG
できた!!!

完成指.jpg

いままでは250個単位の大袋のみの販売だったのですが
今年からオンラインショップをフル活用して小袋でも販売いたします!

ブログバナー.jpg企業の方にも個人の方にもお求めいただきやすい飴を目指します。

それはそうと、、
出来上がった飴をみて「レモン牛乳」に似てる・・・かわいい・・・
と思ったのはわたしだけではないでしょう。(笑)
写真をみてわかる通り、組む前の文字パーツの色は鮮やかな水色です。

青説明.jpg
しかし黄色の背景の中に組み込むため、光の反射をうけて若干エメラルドグリーンに見えます。イメージでは絵の具を混ぜるような、ステンドグラスの見え方と同じような・・・出来上がってみると、設計図からの想像を超えるかわいらしい出来になるのも組み飴の面白さで、「ああなった」「こうなった」と発見の日々なのです。

日頃からいろいろなデザイン、広告に目を光らせて可愛らしい色合いで飴を作れるようにしたいなあ・・

集合.jpg ちなみにおいしいおいしい水分とって飴は
舐めたらあまじょっぱさで喉が乾くので、「水分とって」の大義名分を果たしております。
塩分もとって、水分もしっかりとっていただけることを願います。

今年も、大切な人を熱中症から守るべく、、、
ぜひご活用ください。

オリジナルデザインの組み飴作りの日誌。まいあめ工房の組み飴デザイナーが、組み飴作りの舞台裏をつづります。

組み飴デザイナーって?

オリジナルデザインの組み飴を作る際、飴の絵柄(形や色の組み合わせ)には、組み飴で表現しやすいものとそうでないものとがあります。そのため、組み飴独特のデザイン技法が使われます。

まいあめ工房では、お客様からいただいたオリジナル飴の原画をより良く再現するために、専任の組み飴デザイナーがお客様のデザイン画を組み飴用にデザインし直し、ご提案しています。

過去の記事(月別)

  • 組み飴でどこまで再現できるか?
  • まいあめができるまで

まいあめの関連商品

  • 合格飴
  • 「ありがとう」飴
  • 「祝」飴
  • 「よろしく」飴
  • 寿・めでタイ飴入り「まいボックス」登場!
  • ハードキャンディーのオリジナル制作