憧れの中日ドラゴンズとコラボして、ドラゴンズキャンディーをつくったはなし

プロ野球チーム。
それはいつの時代も我々に夢と感動を与えてくれる存在。

我がまいあめ工房は名古屋に位置しており、
お膝元の中日ドラゴンズのことはもちろん、ことあるごとに社内で話題になる。

中すぽ.jpg 「昨日も勝ったね~」
「ついに連勝ストップか〜」
「今年はいいね〜」
「ドアラがまたツイッターで話題になってるよ(笑)」

など、地元のプロ野球チームはいつもわたしたちに話題を与えてくれる。

ーーーーーーーーー

そんな中日新聞のドラゴンズグッズ開発チームの方とひょんなことから出会い、想像を超える展開を迎えたので、いつも応援してくださっている皆さんにお話しさせていただきたいと思います。

ある日、
「ドラゴンズが地元の企業とおもしろいグッズを作ろうと考えているみたい・・」という目からウロコな話を耳にしました。
聞くところによると、地域に根ざす企業と、一緒に東海地方を盛り上げていきたいという新しいプロモーションの一つとのことで、中小企業の末端に位置するけれど、日本中、いや世界に向けて発信を続けている(と自分では思っている)まいあめ工房にお声がかかったのです。

【中日新聞】「飴を使って面白いことできないかな~」

【まいあめ】「はい!!あります!!あります!!」

3月にローンチした若手兄弟職人の「ミニ組み飴」。
ご紹介後多くの企業様より好評をいただき、ノベルティとして、グッズとして、ご活用いただいておりました。
出来上がった飴はどれもこれも非常にかわいらしく、若手兄弟職人の代表商品としてこれからどんどん打ち出していこうとしていた矢先でした。

【まいあめ】「女性受けが非常に良いミニタイプの組み飴はどうでしょう。ドアラなんて飴にしたらもう・・・可愛すぎると思います」

【中日新聞】「そんなのがあるの?6月22日~24日はガールズシリーズもあるし、一度やってみようかな・・・」

そんな経緯で話が進み、
ドラゴンズとまいあめ工房の、夢にまで見たグッズ製作が実現に向けて動き出したのです。

まずは肝いりであるドアラの試作。

第一回目
1回目.JPG「口が可愛く見えないから色を変えよう。顔が縦に長細いので横長に。」


第二回目
2回目.JPG「前よりは良くなったけど、目が小さいような。。もっと目と口を大きくしよう。」


第三回目
3回目.JPGどうですか・・・!!
この出来上がり・・・!!
ついに、こんなにこんなに可愛い、愛嬌たっぷりのドアラが出来上がったのでした。

もちろんその他のデザインもこの通り。

3デザイン集合.JPG
シンプルなだけに歪みがあれば目立ってしまったり、全く別のものに見えてしまう「ロゴ」も、ハートを入れて応援の気持ちを目一杯込めた「ガンバレ」も、思わず笑顔になってしまうような仕上がりで、ついにドラゴンズキャンディーが誕生したのでした。

概要書.JPG 先の写真をご覧の通り、
一回目は、「あれ、ちょっと印象が違うかな」
二回目は、「うん、ちょっと良くなったかな、でも別のところが違うかな」
三回目に「そう、これこれ!」 と経過を迎えたように、
回を重ね、修正点としっかり向き合ったことで、
仕上がりが格段に上達したことは、見て感じていただけると思います。

顔まっすぐ.JPG もちろんフィールドも環境も全く異なることは重々承知の上で、
きっとまいあめ工房も中日ドラゴンズも、若手を育成していきたい想いは基本的には同じで、若手職人、若手選手にどんどん経験をつませて、できなかった部分は「なぜできないのか」「どうしたらできるのか」を"自分で"しっかり考え、改善点と向き合ってもらう。それが組織、チームとして大切なことなのかな。そんな風に思うのです。
いつの時代も若い人材がそれぞれの分野の未来を担っていくことに間違いないのですから。

帽子かぶった.JPG 地元に根付くお菓子文化が地元のプロ野球チームの手によってフューチャーされ、若手職人が誇りと責任を持ってグッズ製作に関われる。そんな素晴らしい機会を与えてくれた中日ドラゴンズさん、中日新聞さんの懐の広さに改めて感動を覚え、これからも地元を代表できるような文化を築きながら、地元で頑張るドラゴンズをもっともっと応援していきたい。そう強く思うのでした。


出来上がり.JPG そんなドラゴンズキャンディー、どこで売ってるのかな。ちょっと気になる。食べてみたい!
食べながら喉が枯れるまで応援したい!!と思ってくださった方!!

2種商品写真.jpg青開封.jpgご購入方法は以下の3つですー!!!

【その1】
明日6月2日(土)・3日(日)、栄のオアシス21で開催の『スポーツ遊・演・知 2018』にて初めて販売されます。記念すべき初回の販売です!!
スポーツ遊演知とは、「スポーツで遊ぶ」「スポーツを演じる」「スポーツを知る」というテーマのもと各種競技チーム選手によるトークショーや、来場者の誰でも参加できる競技体験イベント、各チームの紹介パネル、ユニホームの展示などを通して、愛知県内の各種スポーツの魅力を発信する、今年で開催2年目のイベントです。

【その2】
6月22日(金)〜6月24(日)、ナゴヤドームで開催される『ガールズシリーズ』での販売。
キャンディーはパッケージの外装がガールズシリーズ仕様となります。
ガールズシリーズとは、「ドラゴンズをもっと身近に感じてもらおう」をコンセプトに、特に女性に楽しんでいただけるようなイベント。6月24日(日)は、「ドラ恋!ガールズデー」と称し、女性のお客様全員に限定ユニホームがプレゼントされます。

【その3】
6月4日(月)から販売開始の「オンラインショップ」。
今回は中日新聞がドラゴンズグッズを販売している『中日新聞 ドラゴンズショップ(ECサイト47CLUB内)にて販売されます。

34010374_2067670456639361_4350130245337088000_n.jpg
若手職人が渾身の想いで生み出した、ドラゴンズキャンディー。
舐めながら今年もドラゴンズを応援していただけると嬉しいです。


このような機会を与えてくださった関係者の皆さんに感謝を込めて。



今回の製作工程の動画はこちら


オリジナルデザインの組み飴作りの日誌。まいあめ工房の組み飴デザイナーが、組み飴作りの舞台裏をつづります。

組み飴デザイナーって?

オリジナルデザインの組み飴を作る際、飴の絵柄(形や色の組み合わせ)には、組み飴で表現しやすいものとそうでないものとがあります。そのため、組み飴独特のデザイン技法が使われます。

まいあめ工房では、お客様からいただいたオリジナル飴の原画をより良く再現するために、専任の組み飴デザイナーがお客様のデザイン画を組み飴用にデザインし直し、ご提案しています。

過去の記事(月別)

  • 組み飴でどこまで再現できるか?
  • まいあめができるまで

まいあめの関連商品

  • 合格飴
  • 「ありがとう」飴
  • 「祝」飴
  • 「よろしく」飴
  • 寿・めでタイ飴入り「まいボックス」登場!
  • ハードキャンディーのオリジナル制作