必勝飴に託す-人を応援する気持ち-

2月のある日、一本の電話が入りました。

お客様「以前ネットでお見かけした『必勝飴』はもう販売されていらっしゃらないのでしょうか?」

わたし「少しはあるのですが・・・」

お客様「50個ほど販売いただけないでしょうか・・・」

わたし「昨年の夏に製造した物なのですが・・・」

お客様「もちろんそちらで結構です。お願いします。」

わたし「・・・・・少しお待ちください・・・・」


私が少々戸惑ってしまったのには理由があります。

昨年夏、というより毎年の夏なのですがまいあめ工房では「必勝飴」を制作します。

夏の高校野球など、部活の大会シーズンに合わせての企画なのですが、地味に毎年コツコツと売れています。

昨年の夏はデザインは同じ赤い文字で「必勝」だったのですが、「熱中症対策」の意味を込めて「塩」を2%ほど添加し、さらに通常よりクエン酸の量を多くした「梅塩味」とし企画しました。

hisshouame.jpg

お買い上げいただいた皆様からは味が好評でそこは狙い通りでしたが、一つ欠点があったのです。

必勝飴は「塩」が入っていること、「クエン酸」が多いことから通常の飴より若干ですが吸湿性が高い飴になっていたのです。

まいあめ工房の飴は、様々なパーツの飴を制作して組み上げるという必要があるため、皆さんがスーパーやコンビニエンスストアで購入される飴と異なり、通常150度ほどまで炊き上げ、水分含有量を2%ほどまで落とします。

その結果、歯にくっつきにくいカリッとした食感になるという特徴も生み出していたのです。

ところが必勝飴は吸湿性が高いのでカリッとはしているのですが、通常の弊社の飴に比べると若干べたべたするのが早い・・・

試合と応援につきものの涙ですが、必勝飴も通常のまいあめと比べるといわゆる「泣きが早い飴」なんです!


そんな事情がありまして、お待ちいただいている間に少し残っていた必勝飴をチェックしに行きますと・・・

個別包装の上100個づめにしてある袋内には乾燥剤も入れてありますから「べたつく」なんてことはないのですが、やはり私の目から見ると飴の白い部分が塩の含有ためと製造後半年経過しているためか「なんとなく黄色っぽく見える」のです。

この状態だとまいあめ工房の発送してよいのか微妙です。

お電話いただいているお客様にその旨をお伝えすると

色のことは構いません。どうしてもこの飴を配ってみんなで応援したいのです

との強い御希望でしたので、発送することとしました。

応援する気持ちを託すための飴。

コミュニケーションツールとしての飴の真骨頂ですね。

50個のご注文でしたが、100個一袋そのまま発送いたしました。



そして数週間後、1通の手紙が届きました。

お母さんからの手紙と・・・

letter01.jpgのサムネール画像

息子さんからの手紙

letter02.jpgのサムネール画像

必勝飴とともに応援した試合の結果はわかりません。

応援する気持ちを託せる、そんな飴であるということにこれからもきちんと応えられるまいあめ工房でありたいと思いました。






ホワイトデーとキャンディーの関係と「ありがとう飴」

バレンタインデーから始まり、ひな祭り、そしてホワイトデーとお菓子がらみのイベントが連続するこの期間は、菓子業界にとっても非常に大切な時期。毎年毎年いろいろ知恵を絞って企画をだし、その結果を待つ日々です。

雛祭りは古来からある日本の良き風習で、雛あられをはじめ菱餅などお菓子が売れる祭事だったわけですが、ホワイトデーはバレンタインデーに合わせて、「いただいたのならお返ししなきゃ」という日本人的な発想の元に企画されたものですね。

長年お菓子業界におりますと、ホワイトデーにまつわる「アレオレ」的なお話は相当聞いたのですが、実際のところ同時多発的に企画されたものなのでしょうか、その真偽のほどはよくわかりません。

ちなみに「アレオレ」というのは「アレは俺が企画した」という武勇伝語りのことです(笑)


さてその昔、まだインターネットが黎明期だった1998年の話ですが、私は「OL美幸の義理チョコ大作戦」という義理チョコだけを紹介するウェブサイトを1月5日~2月14日までの期間限定で運営し、様々な義理チョコを紹介しながら

「ホワイトデーには何を期待し、なにが迷惑か」というアンケートを行っておりました。

もっとも期待しているものは実はお菓子ではないわけですが、それでもその送った気持ちへのお返しに添えられるものとしての「クッキー」「キャンディー」はチョコレートというお菓子に対するお返しとして重要な位置を占めていることがわかりました。

今から16年も前の話ですのですで当時使用していたPCから6世代、データも散逸してしまいましたが「義理チョコに対するお返し」として

気持ちの上で重くなく受け取れ、かわいく、メッセージ性のある物

というニーズが大きく持ち上がってきていました。

おしゃれなハンカチにちょっとかわいいクッキーを添える、キャンディーを添えるなど具体的な意見も数多くみられました。

ちなみに最も欲しくないお返しは「下着」でしたが、あくまで当時のお話です。今これをしたら「セクハラ」と受け止められかねませんよね。

お返しするお菓子にも「意味がある」などとする説もありまして、たとえば

「マシュマロ」→あなたが嫌い
「クッキー」→あなたは友達
「キャンディー」→あなたが好き


ということを書いてあるブログもありますが、ソースも何も「謎」ですのであくまで「ネタ」として割り切ってください(笑)

ということで、ホワイトデーとキャンディーは甘い関係でもないわけですが、それでもやっぱりキャンディーとかクッキーとかが無難なわけでして、そういったベースがあるうえに恥ずかしがりやな男子でも軽くお礼のメッセージが伝えられるということで、この時期まいあめ工房でも「ありがとう飴」の発注が男性から上がるわけですね。

s-arigatou_bara.jpg
8色の飴を使用しているのですが、ハートマークが光を通す「生地飴」でできているのできれいな感じに仕上がっています。

かしこまらず、感謝の雰囲気を伝えたい。そんな気持ちを表している「メッセージキャンディー」として作りました。

男性はパッケージングだとかをご自分でされる方は少ないと思いますし、あくまでキャンディーは本当の贈り物に対する添え物です。あまり主張しないパッケージが良いかもしれませんので、こういったパッケージングを施した「ありがとう飴」も用意してみました。

whitedaycandy_pillow.jpg
個別包装されたありがとう飴が、手渡しできるピローバックに5粒入っています。

whitedaycandy_bottle.jpg

こちらはボトルタイプのパッケージに個別包装された10粒の「ありがとう飴」が入っています。


キャンディーはとても多くの人から支持されている「コミュニケーショングッズ」でもあります。

「飴ちゃん」などと「ちゃん付け」で呼ばれ、人の手から手へと渡され、結果として人と人とをつないでいるところをいろいろな場面で見たことがあるかと思います。

手前味噌ですがホワイトデーに使っていただくありがとう飴は、カジュアルな感じで男性から女性への感謝の気持ちを伝える最適なグッズと思います。

是非ご検討ください。ホワイトデーありがとう飴バナー.jpg

最後に一言 


「ホワイトデー、キャンディーはあくまで添え物で!」



Sony α7はまいあめ工房のコンテンツ充実の救世主になれるのか?

今年になりましてから「まいあめチャンネル」というものを作りましたために日々の仕事の他に「コンテンツの制作」という手間のかかる業務を継続してやっていこうと自分の首を絞めている今日この頃ですw

コンテンツ制作は楽しい仕事ではあるのですが、能力の無さはいかんともしがたく、そんな自分でも効率よく仕事をこなすにはやはり「優秀なスタッフ」そして「ツール」が大切ですね。

まいあめ工房の場合は頼りない私を懸命に支えてくれる優秀なスタッフがおりますので通常業務では問題ないですが、ことコンテンツ制作は現状は主に私の仕事ですので、能力の無さが露呈しがちです。

ということで、能力の無さを補うべくツールが大切という大義名分を振りかざし、思い切ってまいあめチャンネルの救世主にするべく、主戦カメラを導入しました。

s-α7.jpg

Sony α7です。
型番で言いますとILCE-7ですね。


私が言うのは変なんですが、どうも飴の写真がうまく撮れていないような気がして、そんな思いが積み重なってくるとどんどん飴写真を撮ることが億劫になってくるんです。

また動画撮影にも今までのベターっとピントの合っているものではなく、ボケを生かした撮影が簡単にできそうな幻想がそこはかとなくあり思い切って導入です。

今年の目標である「コンテンツの充実」に向けて!

この際ツールに頼って気分を変えてみるのも手かとw

Sony α7はまいあめ工房のコンテンツの充実の救世主になれるのか?

早速ウキウキ・ワクワクであれこれ試しながら撮影しています。

s-satuei01.jpgもちろん動画撮影も頑張ってます。この写真ではただα7を持ってニヤけている感じですねw

s-satuei02.jpg以下4枚はα7で撮影した画像です。


s-DSC00012.jpg凄いぞSony α7!飴の質感が出ている気がする!

s-DSC00015.jpg若手職人の緊張感ある眼差しがいい味で表現できてる(自分比)!いいぞSony α7!

Fun.jpg飴画像をいつも通りのシチュエーションで撮ってみたら、結構細かいところまで出ちゃいますね。
飴周囲の白いところまで質感が写ってしまうので、アルコールで吹いてから撮影しないと・・・・

ori.jpgこちらのマスコットキャラクターは、何だかいつもより可愛く撮れています(自分比)
α7のマクロモードでの取って出しですが慣れてくれば職人の技術の凄さがわかる写真も撮れそうです!


動画については「テスト」で上げたくないくらい画がきれいですので、しっかりとしたシナリオの元「まいあめチャンネル」にて公開します。

救世主降臨ですよ!!


いやいやツールだけではありません。

もろもろ考えたうえでのSony α7の購入だったわけですが、もちろんツールだけではだめなのでいろいろお勉強させていただこうと、持てるコネクションをフルに生かし勉強中です。

皆さんこちらの本をご存知でしょうか?

s-DSC00022.jpgほぼ日ブックスから出版されている料理本「LIFE」です。

LIFEに掲載されている写真がとても好きだったので、この本の編集を担当されている糸井重里事務所でお世話になっている武井さんにお願いして、撮影を担当された大江弘之さんを紹介していただき、飴写真をどうとるのかをアイデアを出していただいています。

ツールに腕が付いてくるのはいつの日か?

さて、コンテンツは画像や動画ばかりではありません。

まいあめチャンネルの充実を図るため映像関連と並行して、「オープニング音楽」を制作中です。
自分で作れるわけではないので、もちろん腕利きクリエイターに依頼しました。
フルハウス レコーディングスタジオ at 名古屋

s-controle_room.jpg

お願いするならここと決めてましたから!

何しろ大きな声では言えませんし、当然書けもしないのですが●●●●●●などのCM音楽や、誰もが知っている人たちの編曲を手掛けていたりと実績はすごいのです。

こんな方とのつながりがあって仕事を依頼できるのもFacebookのおかげだなと現代社会のインフラに感謝をしたりしてw

とにかく楽しいく打ち合わせも進み、出来上がりを待っています。


まだまだ他力本願ではありますが、まいあめ工房のコンテンツ充実をはかり、一人でも多くのオーディエンスを獲得することで、組飴というオリジナルキャンディーの技術を多くの方に知っていただき、未来にこの技術をつなげていけるよう努力することがまいあめ工房の使命です。

その核となるこのブログ「オリジナル飴デザイン日誌」と「まいあめチャンネル」の応援をこれからもよろしくお願いします。



ラコステ飴 -組飴職人の意地と誇り-

まいあめ工房はこれまでに延べ3000社を超える企業、官公庁、学校からの依頼を受け、5000点を超えるデザインのオリジナルキャンディーを制作してきました。

簡単だったもの、難しかったもの、失敗してしまったもの、思っていた以上にお客様に喜んでいただいたもの。

いろいろなデザインの飴の依頼を受け、それぞれのデザインのオリジナルキャンディーに我々の想いも乗せ、様々な人々の手に渡っていったことと思います。

今回のブログではその中でも特にまいあめ工房にとって思い入れのある飴について紹介させていただきます。




2012年の春、一本の電話が入りました。

ファッションブランド「ラコステ」様からの電話でした。

電話の内容は、
ラコステのロゴを金太郎飴(原文ママ)にしたいと思い、いろいろと問い合わせをしましたが今までお願いした会社すべてで制作不能ということで断られています。まいあめ工房さんが最後の望みです。引き受けてくれませんか。
というものでした。

ご担当者様からお話を伺うにつれ、何とか飴を使って新店舗のプロモーションをしてみたいという熱意が伝わってきます。

「いろいろな金太郎飴(原文ママ)制作会社にワニに見えればOKですと依頼し、それでも断られていますですから難易度については承知しているつもりです。何とか引き受けていただけませんか

ワニそのものが非常に難しいこともご理解いただいているうえかなりお困りのご様子でしたので、製作できるかどうか実は微妙なところでしたがとりあえず「ワニ」ということでお引き受けすることにしました。


そうしてお客様から頂いたデザインはこちらでした。

s-logo_lacoste.jpg正直言ってこのワニを再現するのはなかなか至難の業です。

崩れることを想定して、そういった場合でもいかに「ラコステのワニ」として見ていただけるか。

ああ、・・・・なるほど!とタイムラグがあってもいいからラコステを連想していただける。そんな飴を想定してデザインに取り掛かり、現場との打ち合わせに入ったことを今でも覚えています。

数日のち、飴用に簡略化したデザインデータをラコステ様に送付し
これで行きましょう。お願いします!
とのご連絡をいただき、ようやく出来上がったデザインを元に職人を交えての製作会議に入りました。


s-LACOSTE割.jpg
これが設計図?と思われる方も多いかと存じますが(笑)、スピードが命のこの仕事、細部にこだわり全体のイメージを損なうよりも、ざっくりとイメージを作り上げることのできるパーツ割がキモです。

この画像の場合はワニをワニらしく見せるため周囲のスペーサーを主にパーツ構成を考えているのでよりざっくりとした設計図に見えるわけですが、こんな打ち合わせをしていたところで突然大将が

「ちょっとこれはまずいぞ!!」

と、声を荒げたのでした。。。

ラコステさんにはこのデザインで了解を取っていますし、今更まずいも何もないのですが・・・
「先方の了解を取ってあるから大丈夫だよ」
と、私が軽く返すと、


「飴には裏と表があるから、どちらが正面かわからない以上、ワニが左を向いたらまずいだろ」

「あ!」

左を向いたら・・・

crocodile.JPG
別のブランドロゴ(ヤング産業様のクロコダイル)になってしまう!!

刺繍や印刷物のようにはっきりと違いが判るならまだしも、「ワニに見える」ということを重点に置いたオリジナルキャンディーでは、両社を区別できるレベルに仕上げるということは不可能です。

焦って、早速担当者に判断を仰いだわけですが、納期までにはあまり時間もなく一刻も早い回答が望まれる中、ラコステ様からの回答は

「とにかく、どちらを向いているのかはっきりさせるためにワニの下にLの文字を入れてみましょう。『L』の文字が読めるほうが正しいロゴだとわかっていただけるということで、これで進みます。ワニだけでも難しいのに申し訳ない!」

というものでした。

お客様の最終確認も取れたので、製作打ち合わせ時に現場のスタッフに報告したわけですが・・・

大将の機嫌が悪い・・・

ことのほか機嫌が悪い・・・

やっぱり「L」だけ入れるにしても、難しいからご機嫌を損ねたかなぁ・・・なんて私が思っていると。。。

「そんな『L』だけ入れるなんてみっともないこと俺にやらせるなよ!」

( ゚Д゚)ハァ?

「こうなったらきっちりと LACOSTE って入れようじゃないか!」

Σ(゚Д゚;エーッ!

「それが一番いいに決まってるんだから、頑張ってやってみようぜ!」

と、大将の想いが爆発!

そんな熱い勢いのまま制作したのがこのLACOSTE飴です。

s-LACOSTE 3.jpg

いかがでしょう。

職人の意地と誇りが作り出した組飴技術の塊そのものです。

「なんとかできたよな」と、ポツリとつぶやく大将の顔には職人としての満足感と、率いるチームへの信頼感があふれていました。

すごくいい出来だよね、と私がねぎらうと

「ゴメンな。ワニの鱗だけど、俺の腕では18枚しか入れられなかったよ」

と返されて、ルーペで完成した飴の鱗の数を確認したものでしたw



出来上がった飴をラコステ様に送ると
「ブランド名まで入れていただけるとは・・・」
と、驚きのあまり言葉が出ない様子でした。

もちろん非常に喜んでいただき、お台場のダイバーシティー店や渋谷のフラッグシップ店舗のオープン時などに、ノベルティーとして配っていただきました。

s-IMG_3217.jpg
この飴は受け取ったお客様にも大きな反響を呼び、TwitterやFacebookなどでも拡散していったようです。


その後、ラコステオリジナルロゴ飴はバリエーションが増え、ロリポップタイプやLACOSTE LIVE!などの製作も行ってきました。

s-photo13.jpg

そのたびにFacebookやTwitterなどで話題にされるオリジナルキャンディーに育っていきました。


あなたの街のラコステショップで、オリジナルキャンディーを見かけることがあれば、まいあめ工房の職人の「意地と誇りと技術の塊」である飴のこんなバックストーリーを思い出していただければ光栄です。


飴と世界一お値段の高いコーヒーのお話

昨年の5月にまいあめをオーダーいただき、無事6月に納品させていただいたまいあめ工房のお客様より、8月のある日、1本の電話をいただきました。

 

お客様は「子どもの笑顔THE BIG K.I.S.SPROJECT」という国際交流・子育て支援を目的にボランティア活動をしており、「バリ日本語補習授業校」の子ども達に製品にならなかった商品で構わないので寄付してくれないかという内容でした。

 

バリではお菓子は非常に貴重なもので、ましてや日本の文化や技術が詰まった「まいあめ」を見たとき、子どもたちがどれほど喜ぶかというお話をしていただき、製作に失敗してしまった物や、切り出しの部分を9月にお送りすることにしました。

 

そして・・・無事飴も子供たちに行きわたり子だもたちからとてもカラフルなお礼のお手紙をいただきました。

 s-letter01.jpg


校長先生からも感謝のお手紙をいただき恐縮です。



s-letter03.jpg

送られてきた写真には、飴の説明をしてくださっているのか、切り出しなども映っています。

 s-P9240380.jpg

食べている写真がないのはちょっと残念ですが、この後みんなが10粒ずつ手に取ったようです。


s-P9240381.jpg


そしてもう一つ。

コピ・ルアクという超高級なコーヒー豆をいただきました。

そう、世界一高いコーヒーといわれるあの「コピ・ルアク」です。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B3%E3%83%94%E3%83%BB%E3%83%AB%E3%82%A2%E3%82%AF


s-kopi.jpg

 

子供たちが遠く日本でどのように飴を作っているのかに思いをはせながら、せめてものお礼にと送ってくれた超高級コーヒー豆。

 

かつて私も一度飲んだことがありますが、その時は1杯を3人でシェアして飲んだほどでしたw

 

なかなか全員そろって飲む時間もないので、贅沢にも一人一杯それぞれ都合の良い時間でという好条件の中いただきました。

s-DSC01785.jpgスケジュールチェックの合間に、コピ・ルアクのボトルを片手に悠然といただくスタッフ。

銀座で飲んだら一杯8000円との話をちらりとしたら、吹き出しそうになりましたが美味しくいただきました!


s-DSC01791.jpg大将は夕方制作をすべて終えた後、ゆっくりと一杯。

いつもは砂糖やミルクを入れて飲むんですが、さすがにコーヒーそのものを味わおうと今回はブラックで飲みました。


s-DSC01794.jpg満足げなこの表情。

仕事終わりのひと時に至福の味ですね!


飴を通して日本の文化や技術が日本を離れて暮らす子供たちや、彼らのクラス国の現地のお友達に伝わっていく。

いただいたコーヒーの味と同様に、その満足感もまた至福の味でした。

オリジナルデザインの組み飴作りの日誌。まいあめ工房の組み飴デザイナーが、組み飴作りの舞台裏をつづります。

組み飴デザイナーって?

オリジナルデザインの組み飴を作る際、飴の絵柄(形や色の組み合わせ)には、組み飴で表現しやすいものとそうでないものとがあります。そのため、組み飴独特のデザイン技法が使われます。

まいあめ工房では、お客様からいただいたオリジナル飴の原画をより良く再現するために、専任の組み飴デザイナーがお客様のデザイン画を組み飴用にデザインし直し、ご提案しています。

過去の記事(月別)

  • 組み飴でどこまで再現できるか?
  • まいあめができるまで

まいあめの関連商品

  • 合格飴
  • 「ありがとう」飴
  • 「祝」飴
  • 「よろしく」飴
  • 寿・めでタイ飴入り「まいボックス」登場!
  • ハードキャンディーのオリジナル制作