ラコステ飴 -組飴職人の意地と誇り-

まいあめ工房はこれまでに延べ3000社を超える企業、官公庁、学校からの依頼を受け、5000点を超えるデザインのオリジナルキャンディーを制作してきました。

簡単だったもの、難しかったもの、失敗してしまったもの、思っていた以上にお客様に喜んでいただいたもの。

いろいろなデザインの飴の依頼を受け、それぞれのデザインのオリジナルキャンディーに我々の想いも乗せ、様々な人々の手に渡っていったことと思います。

今回のブログではその中でも特にまいあめ工房にとって思い入れのある飴について紹介させていただきます。




2012年の春、一本の電話が入りました。

ファッションブランド「ラコステ」様からの電話でした。

電話の内容は、
ラコステのロゴを金太郎飴(原文ママ)にしたいと思い、いろいろと問い合わせをしましたが今までお願いした会社すべてで制作不能ということで断られています。まいあめ工房さんが最後の望みです。引き受けてくれませんか。
というものでした。

ご担当者様からお話を伺うにつれ、何とか飴を使って新店舗のプロモーションをしてみたいという熱意が伝わってきます。

「いろいろな金太郎飴(原文ママ)制作会社にワニに見えればOKですと依頼し、それでも断られていますですから難易度については承知しているつもりです。何とか引き受けていただけませんか

ワニそのものが非常に難しいこともご理解いただいているうえかなりお困りのご様子でしたので、製作できるかどうか実は微妙なところでしたがとりあえず「ワニ」ということでお引き受けすることにしました。


そうしてお客様から頂いたデザインはこちらでした。

s-logo_lacoste.jpg正直言ってこのワニを再現するのはなかなか至難の業です。

崩れることを想定して、そういった場合でもいかに「ラコステのワニ」として見ていただけるか。

ああ、・・・・なるほど!とタイムラグがあってもいいからラコステを連想していただける。そんな飴を想定してデザインに取り掛かり、現場との打ち合わせに入ったことを今でも覚えています。

数日のち、飴用に簡略化したデザインデータをラコステ様に送付し
これで行きましょう。お願いします!
とのご連絡をいただき、ようやく出来上がったデザインを元に職人を交えての製作会議に入りました。


s-LACOSTE割.jpg
これが設計図?と思われる方も多いかと存じますが(笑)、スピードが命のこの仕事、細部にこだわり全体のイメージを損なうよりも、ざっくりとイメージを作り上げることのできるパーツ割がキモです。

この画像の場合はワニをワニらしく見せるため周囲のスペーサーを主にパーツ構成を考えているのでよりざっくりとした設計図に見えるわけですが、こんな打ち合わせをしていたところで突然大将が

「ちょっとこれはまずいぞ!!」

と、声を荒げたのでした。。。

ラコステさんにはこのデザインで了解を取っていますし、今更まずいも何もないのですが・・・
「先方の了解を取ってあるから大丈夫だよ」
と、私が軽く返すと、


「飴には裏と表があるから、どちらが正面かわからない以上、ワニが左を向いたらまずいだろ」

「あ!」

左を向いたら・・・

crocodile.JPG
別のブランドロゴ(ヤング産業様のクロコダイル)になってしまう!!

刺繍や印刷物のようにはっきりと違いが判るならまだしも、「ワニに見える」ということを重点に置いたオリジナルキャンディーでは、両社を区別できるレベルに仕上げるということは不可能です。

焦って、早速担当者に判断を仰いだわけですが、納期までにはあまり時間もなく一刻も早い回答が望まれる中、ラコステ様からの回答は

「とにかく、どちらを向いているのかはっきりさせるためにワニの下にLの文字を入れてみましょう。『L』の文字が読めるほうが正しいロゴだとわかっていただけるということで、これで進みます。ワニだけでも難しいのに申し訳ない!」

というものでした。

お客様の最終確認も取れたので、製作打ち合わせ時に現場のスタッフに報告したわけですが・・・

大将の機嫌が悪い・・・

ことのほか機嫌が悪い・・・

やっぱり「L」だけ入れるにしても、難しいからご機嫌を損ねたかなぁ・・・なんて私が思っていると。。。

「そんな『L』だけ入れるなんてみっともないこと俺にやらせるなよ!」

( ゚Д゚)ハァ?

「こうなったらきっちりと LACOSTE って入れようじゃないか!」

Σ(゚Д゚;エーッ!

「それが一番いいに決まってるんだから、頑張ってやってみようぜ!」

と、大将の想いが爆発!

そんな熱い勢いのまま制作したのがこのLACOSTE飴です。

s-LACOSTE 3.jpg

いかがでしょう。

職人の意地と誇りが作り出した組飴技術の塊そのものです。

「なんとかできたよな」と、ポツリとつぶやく大将の顔には職人としての満足感と、率いるチームへの信頼感があふれていました。

すごくいい出来だよね、と私がねぎらうと

「ゴメンな。ワニの鱗だけど、俺の腕では18枚しか入れられなかったよ」

と返されて、ルーペで完成した飴の鱗の数を確認したものでしたw



出来上がった飴をラコステ様に送ると
「ブランド名まで入れていただけるとは・・・」
と、驚きのあまり言葉が出ない様子でした。

もちろん非常に喜んでいただき、お台場のダイバーシティー店や渋谷のフラッグシップ店舗のオープン時などに、ノベルティーとして配っていただきました。

s-IMG_3217.jpg
この飴は受け取ったお客様にも大きな反響を呼び、TwitterやFacebookなどでも拡散していったようです。


その後、ラコステオリジナルロゴ飴はバリエーションが増え、ロリポップタイプやLACOSTE LIVE!などの製作も行ってきました。

s-photo13.jpg

そのたびにFacebookやTwitterなどで話題にされるオリジナルキャンディーに育っていきました。


あなたの街のラコステショップで、オリジナルキャンディーを見かけることがあれば、まいあめ工房の職人の「意地と誇りと技術の塊」である飴のこんなバックストーリーを思い出していただければ光栄です。


飴と世界一お値段の高いコーヒーのお話

昨年の5月にまいあめをオーダーいただき、無事6月に納品させていただいたまいあめ工房のお客様より、8月のある日、1本の電話をいただきました。

 

お客様は「子どもの笑顔THE BIG K.I.S.SPROJECT」という国際交流・子育て支援を目的にボランティア活動をしており、「バリ日本語補習授業校」の子ども達に製品にならなかった商品で構わないので寄付してくれないかという内容でした。

 

バリではお菓子は非常に貴重なもので、ましてや日本の文化や技術が詰まった「まいあめ」を見たとき、子どもたちがどれほど喜ぶかというお話をしていただき、製作に失敗してしまった物や、切り出しの部分を9月にお送りすることにしました。

 

そして・・・無事飴も子供たちに行きわたり子だもたちからとてもカラフルなお礼のお手紙をいただきました。

 s-letter01.jpg


校長先生からも感謝のお手紙をいただき恐縮です。



s-letter03.jpg

送られてきた写真には、飴の説明をしてくださっているのか、切り出しなども映っています。

 s-P9240380.jpg

食べている写真がないのはちょっと残念ですが、この後みんなが10粒ずつ手に取ったようです。


s-P9240381.jpg


そしてもう一つ。

コピ・ルアクという超高級なコーヒー豆をいただきました。

そう、世界一高いコーヒーといわれるあの「コピ・ルアク」です。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B3%E3%83%94%E3%83%BB%E3%83%AB%E3%82%A2%E3%82%AF


s-kopi.jpg

 

子供たちが遠く日本でどのように飴を作っているのかに思いをはせながら、せめてものお礼にと送ってくれた超高級コーヒー豆。

 

かつて私も一度飲んだことがありますが、その時は1杯を3人でシェアして飲んだほどでしたw

 

なかなか全員そろって飲む時間もないので、贅沢にも一人一杯それぞれ都合の良い時間でという好条件の中いただきました。

s-DSC01785.jpgスケジュールチェックの合間に、コピ・ルアクのボトルを片手に悠然といただくスタッフ。

銀座で飲んだら一杯8000円との話をちらりとしたら、吹き出しそうになりましたが美味しくいただきました!


s-DSC01791.jpg大将は夕方制作をすべて終えた後、ゆっくりと一杯。

いつもは砂糖やミルクを入れて飲むんですが、さすがにコーヒーそのものを味わおうと今回はブラックで飲みました。


s-DSC01794.jpg満足げなこの表情。

仕事終わりのひと時に至福の味ですね!


飴を通して日本の文化や技術が日本を離れて暮らす子供たちや、彼らのクラス国の現地のお友達に伝わっていく。

いただいたコーヒーの味と同様に、その満足感もまた至福の味でした。

Youtubeの「まいあめチャンネル」がもたらした、「合格飴」取材ラッシュ

受験シーズンも真っ只中、まいあめ工房も合格飴をはじめオリジナルキャンディーをフルスロットルで生産しております。

機械できる仕事ではなく、100%手作りの組飴の仕事はチームワークも大切です。そのため一人でも休むと大きく影響を受けますのでインフルエンザやノロウィルスは本当に大敵ですし、この時期の体調管理には神経をとがらしています。

さてさてそんな中、前回のブログ記事やメールマガジン「飴魂だより」でもお知らせいたしましたが1月8日に「まいあめチャンネル」を開設しました。

これがことのほかご好評をいただいたようで、2014年1月23日現在で再生回数は1000回超、推定再生時間も1500分を超えるというデータが出ています。

地味で小さな企業のYoutubeチャンネルとしてはこれ以上ないといった上々の滑り出しで、これもまいあめ工房を応援してくださる皆様のおかげと感謝しております。

そんな「まいあめチャンネル」をご覧いただいたマスコミの方からの「合格飴」の取材が相次ぎまして、通常の仕事とは別に「広報」みたいな仕事にも追われましたが、ようやく一段落した感じがありますので、ここで「まいあめチャンネル」開設からどんな動きがあったのかをまとめておきたいと思います。

まいあめチャンネルの開設は1月8日午前7時50分ごろでしたが、昨年末に合格飴に関するブログ記事をご覧になっていただいていたのか午後には「中日新聞社」さんから取材の依頼を受けました。

ほどなくして「中京テレビ」さんの報道局からの取材もいただき、もともとの製造予定であった東海地区の大手学習塾様からご注文をいただいており、1月9日製造予定だったオリジナルの合格飴を2社に取材していただくことになりました。

翌日には「毎日新聞社」さんからもご連絡をいただき、1月9日は新聞社2社、テレビ局1社という、地方の小さな会社にとってはまるで記者会見のような状況となりましたw

ということで9日の最終製造で東海地区の某有名学習塾様から依頼がありましたカラフルな合格飴を制作。

中京テレビさんは製造工程を終始追って、最後まで撮り続けました。

その間、中日新聞さんと毎日新聞さんから順次合格飴についての質問がありわたしがお答えし、飴が完成したところで中日新聞さん、毎日新聞さんの順で写真撮影が行われました。

そして10日、中日新聞朝刊では社会面のコラムっぽいところで取り上げられました。

s-中日新聞社会面.jpg

前日この地方で大きな事故があったため、少々小さめだったけれどそれでもきれいに映ってます。

中京テレビさんは放送予定をご連絡いただけるって聞いていたのですが、10日午前の時点では連絡がいただけなくて、いつになるんだろうと思っていたら、午後に
「事後報告で申し訳ありません、本日の朝6時30分にZIP!内で放送しちゃいました
とのご連絡がw

Σ(゚д゚lll)ガーン  見逃しましたぁ」と力なくつぶやくと、
「DVDでお送りしますね!」と力強くお返事いただき、確認することができましたw





こんな感じである意味予想通りのスタートだなと一人「まいあめチャンネル」の開設を亀田製菓の「堅ぶつ」をつまみつつ喜んでいた23時過ぎ、ブルームコンセプトの原尻さんからFacebookのメッセージが入り、ちらっと見てみると

ヤフトピに出てますね!!」
「トップで写真」

えー、えー、Σ(゚Д゚;エーッ!

マジっすかぁ!


今年の私の目標の一つが「ヤフーニュースに掲載」だったのですが、わずか10日で達成というか、トップページに写真掲載じゃおつりがきちゃうでしょ!

親切にも原尻さんはスクリーンキャプチャ画像まで送ってくださいました。そいでもってソーシャルメディア研究所の熊坂さんがその写真を加工してくれて、立派な証拠写真に!

s-YahooTop.jpg

ネットで仕事をしている人間にとって、Yahooのトップページ出るってことはとても意味深いものですよね。

そしてあけて11日。
毎日新聞の名古屋版には1面に合格飴の美しい写真が掲載されました。

s-毎日新聞1面.jpg

Yahooニュースに毎日新聞が配信しているので、昨日の時点で11日の朝刊には掲載していただけるだろうと思っていはいましたが、一面というのはうれしいです!


週明けは怒涛の勢いで仕事をしていましたが、何と東海テレビさんから夕方のニュースで取り上げたいという打診をいただき、早速現場と打ち合わせの上、15日の午前中に合格飴を作成し、その模様を撮影いただき夕方のニュースで放映していただきました。

こちらは仕事中で見ることはできませんでしたが、うちの大将がしっかり録画をしていたおかげで何とか確認できました。

写真は取材時の模様なのですが、当日中学生の工場見学がありましたので、生徒たちも興味深く見守っていますw
ニュースにはしっかり映り込んでいた彼らは大喜びでした。

s-東海テレビ取材.jpg

センター試験当日の二日間は非常に寒い日ではありましたが、雪の影響もなく受験生の方々も余計な神経を使わずに会場入りできたと思います。

そんな二日目、19日の中日新聞の朝刊。小中学生向けの紙面「新聞で学ぼう」の中にも大きく掲載していただきました。

s-新聞で学ぼう.jpg

親御さんも一緒にご覧になっているのか、翌日20日はたくさんの合格飴の問い合わせ電話を受けることになり、ほぼパニック状態です。



まいあめチャンネル開設後、こんな怒涛のような10日間を過ごしました。

学生にとっての大きな一つの試練である「受験」に対する社会の想いを感じる10日でもありましたが、まいあめ工房の出来ることとして、そういった想いを飴にするということはもちろん、「コンテンツとして情報発信する」ということの重要性をあらためて強く感じた10日間でもありました。

動画制作に協力いただいたソーシャルメディア研究所の熊坂さん、そしてMさん、ありがとうございました。


これからも、まいあめ工房で日々起こる出来事や、積み重なっていく技術、お客様の感想など、このブログやまいあめチャンネルでの動画をでどんどん発信してき、組飴の仕事を多くの方に知っていただくことで技術の伝承、職人の育成につなげていければと年の初めに改めて思った次第です。




「まいあめチャンネル」を開設しました

長めのお休みをいただいた後、2014年のまいあめ工房の仕事もいつも通り慌ただしくスタートしました。

昨年は忙しいまま、目の前の仕事をこなすことに精いっぱいで一年が過ぎて行ってしまったことの反省から、今年はまいあめ工房で日々生まれる技術やノウハウ、話題などを何とかコンテンツ化し発信することで、多くの方々にコミュニケーションツールとしての飴、絆を育む飴を感じていただければと思っています。

昨年までは当ブログだけがその場であったわけですが、今年からはわかりやすく、ビジュアルに、そしてエキサイティングにということで動画での情報発信を積極的にしようとまいあめチャンネルを開設しました。

第一弾は
合格祈願の想いを込めて - まいあめ工房「合格飴」




第二弾は
組み飴職人、日本一の技 - まいあめ工房「合格飴」


です。

是非ご覧ください。

合格飴のお申し込みは下記へお願いいたします。
http://myame.jp/goukaku/index.php


合格祈願! 「合格飴」 思いを乗せて制作中です。

語感だけだと常夏イメージの「Amazon」からクリスマスプレゼントがやってくる昨今、そのためか季節感的には何だか混乱してしまう最近の年の瀬ですが、受験生の皆さんにとってはこれからがラストスパートの時期になるわけですね。

例年そんな受験生の皆さんを応援したいという多くの方々の気持ちを形にしようと「合格飴」を制作していますが、今年も有名進学校や塾、予備校をはじめ不動産業者や、看護学校、ホテルなど、さまざまな業種からご注文をいただいています。

s-WS000001.jpgすでに10月から制作・販売はしておりますが、何と言っても制作のピークは1月になります。

特に1月8日、9日はまいあめ工房のレギュラーデザインの合格飴だけでなく、オリジナルデザインの合格飴の製造予定があり、いつも以上に大変なことになりそうです。

合格飴の製作・販売を始めて、受験生を取り巻く周囲の方々の思いを垣間見ることが多くなったまいあめ工房のスタッフは、そんな皆さんの思いをしっかり受け止め、応援する気持ちを共有しつつこの「合格飴」を作っているということをお伝えしようと、現在動画を制作中です。

s-satuei.jpg
現場の緊張感を伝えるべく、今までにない取り組みで一眼レフカメラの動画モードや、GoProやコンデジなどを使用してみました。

現場の職人の物言わぬ緊張感ある制作風景だけでなく、お客様対応のスタッフや、パッケージングのスタッフなども「合格飴」に寄せる思いは一緒なので、その思いをカメラの前で語ってもらいました。

公開は来年になる予定ですが、受験生への応援する気持ちを託せる「飴」だと皆様に伝わればと思っています。

goukaku_big.jpg

オリジナルデザインの組み飴作りの日誌。まいあめ工房の組み飴デザイナーが、組み飴作りの舞台裏をつづります。

組み飴デザイナーって?

オリジナルデザインの組み飴を作る際、飴の絵柄(形や色の組み合わせ)には、組み飴で表現しやすいものとそうでないものとがあります。そのため、組み飴独特のデザイン技法が使われます。

まいあめ工房では、お客様からいただいたオリジナル飴の原画をより良く再現するために、専任の組み飴デザイナーがお客様のデザイン画を組み飴用にデザインし直し、ご提案しています。

過去の記事(月別)

  • 組み飴でどこまで再現できるか?
  • まいあめができるまで

まいあめの関連商品

  • 合格飴
  • 「ありがとう」飴
  • 「祝」飴
  • 「よろしく」飴
  • 寿・めでタイ飴入り「まいボックス」登場!
  • ハードキャンディーのオリジナル制作