「合格飴」は厳しい検品に合格したものだけが「合格飴」となります

松の内(1月7日)が明けると、いよいよ受験シーズンの本格到来です。

今年(2013年)のセンター試験は1月19日~20日。例年より少し遅いですね。当事者の受験生の皆さんにとってはロングスパートということになるのでしょうか。

推薦入試頃から始まりましたまいあめ工房の「合格飴」制作もいよいよ最盛期を迎え1月15日からがピークなわけですが、本格的な販売開始からすでに5年もたちますと

「上の子の時に購入して合格したので、下の子にも是非」

「クラスのみんなに持たせます」

「毎年購入していますが、塾生は毎年全員合格しています」

などなど、お申込みいただくメールなどにもさまざまなコメントをお寄せいただくことも多くなりました。

基本的にはネットでの販売ですが、地元名古屋で受験生がいらっしゃる祖父母の方々はわざわざ弊社まで購入しに来てくださる方も多いです。

そんなおじいちゃんやおばあちゃんは皆さん口々に

「私たちが孫にしてやれることはこれぐらいしかないから」

と弊社スタッフに話していかれますが、そんな表情やお寄せいただいたメールを見るにつけ、合格飴」は購入されるお客様にとってはただの飴ではないことがひしひしと伝わってきます。

こういったお話を現場のスタッフにも話すので、現場スタッフも合格飴の制作にあたっては何度も何度も作っているものとは思えないほどの緊張感を持って制作しています。

goukaku_big.jpgこうして出来上がった合格飴ですが、これでOKかというとそういうわけでもなく・・・。

受験生とその家族の皆さんの思いを考えますと、通常の検品状況をさらに突っ込んでより厳しく品質チェックと合わせてある作業をいたします。

下の動画はその検品風景ですが、なにをどのようにしているのかわかりますでしょうか?



合格飴はこのようにすでに通常検品された個別包装後の商品も、さらに一粒ずつ検品され、割れや欠けのチェックのほか、文字が読みにくい物、ゆがんでいるものなどをどんどんはじいていきます。

そしてさらに文字が裏返って読めないものを正しい位置に直したりします。

わかりにくいので画像で説明しますと、

機械により自動で個別包装された飴はランダムに包装されるため、個別包装の背貼りの部分に「合格」文字が来てしまうと写真のように非常に読みづらくなります。

合格飴不可.jpg
これを読みやすくするために、ピロー包装された状態で中にある飴だけを上手にひっくり返すことで、背貼りの部分ではない表面の部分に、「合格」の文字が収まり、誰が見てもすぐに「合格」の文字が読める本当の「合格飴となります。


合格飴可.jpg
このように数時間をかけて検品していく合格飴の数々。

1回の検品は1250個ずつおこなうわけですが、この1回の検品の結果はじかれた飴を台に乗せて撮影してみました。

合格飴不良の山.jpg
1250個の検品の結果、400個以上が不可となってしまいます(平均34%が不可となってしまいます)。

こうして文字通り厳しい検査に合格した飴だけが「合格飴」となり、受験生のみな様やそのご家族のお手元に届くのでした。


受験生のご家族のお話をメインにつづりましたがもちろんそればかりでなく、有名進学校や、個人で生徒さんのために発注する先生、大手予備校や塾など、ご家族に限らず受験生を応援する気持ちをこの「合格飴」に託される方は大勢いらっしゃいます。

その思いを受け止め支えられるよう、製作時も検品時も手を抜くことなく厳しい気持ちでスタッフも合格飴を送り出しています。

今年もまいあめ工房は受験生の皆さんとそのご家族、ご関係者を応援します。

10個袋合格飴.jpg









学校での「実務教育」とオリジナルキャンディー

個人のお祝いから、企業の販促商材、官公庁のイベントアピール、そして芸能人のツアーグッズなどなど、様々なシチュエーションで活用いただいているまいあめ工房のオリジナルキャンディーですが、全体のお客様に占める「学校」の割合は実に10%ほどにも達します。

学校関係で最も多いものは想像に難くないと思いますが、それなりの予算が確保されている「周年記念」ですね。50周年だとか100周年だとか、大きな行事でもあり最近では「残る記念品」よりインパクトがあり低コストで調達できる「消えモノの記念品」が指示される傾向があるようです。

そういうわけで1年という賞味期限を持ちつつオリジナル性が非常に高いまいあめが指示されているというわけですね。

また受験シーズンをまじかに控えますと「合格」がらみのオーダーもおもに私立高校からですが増えていきます。少しでも受験生のためにできるとこをという、学校関係者やPTAの皆様の思いを100%手作りのまいあめ工房の合格飴に託してくださっているんですね。


そんな近頃とくに目立って増えてきているのが、商業高校における実務教育の一環として、生徒自らが商品を企画販売するという試みに伴う「オリジナルキャンディーの活用」です。

今年もいろいろな学校から依頼を受けお手伝いさせていただきましたが、今回は快く掲載を許諾くださいました広島商業高校様の例をご紹介させていただきます。

広島商業様では「(模擬)株式会社」として「広商デパート」を運営しており、今年「絆」のテーマのもと、また30周年記念ということもあり、まいあめ工房のオリジナルキャンディーを30周年記念商品として企画販売くださいました。

担当の先生を介して、メールや電話での打ち合わせをしながら生徒さんたちからいただいたデザインは

ボール3.jpgHSH.jpg
広デパンダ3.jpg
以上の3デザインでした。

かなり難しいデザインですが、ここはできるだけ生徒さんの気持ちをくみ、実現に向けてデザインの修正を極力少なめにするよう心がけて飴用のデザインにリメイクしました。

また30周年記念グッズですので、それなりのインパクトが必要だと思われたのか通常の20ミリサイズではなく、スティック付の35ミリキャンディーで制作したいとの要望がありました。
弊社としてはコスト面が心配でしたが、なんとか予算内に収めることができ、実現にこぎつけました。


ということで完成した広商デパート30周年記念キャンディーがこちらです。

2012-12-26 08.57.jpg
カラフルなモールで止めたところも見ていただくつもりで、包装をはがさずに撮影している関係でちょっと見にくいところもありますが何とか生徒さんの意向をくんで制作で来ているのではないかと思います。

お問い合わせをいただいたのが10月23日、納品が12月1日というタイトなスケジュールでしたが間に合わせることができ、無事12月8日9日の第30回広商デパートで販売されました。

広商デパートの様子は是非こちらをご覧ください。
http://www.hiroshima-ch.hiroshima-c.ed.jp/09department/H24%2030ndhirodepa/30nd_hirodepa.html



日々の忙しい業務を淡々とこなしていた12月のある日、まいあめ工房へ1通の封書が届きました。

そこには今回の飴を企画したメンバーの写真と、お礼状が入っていました。

これを読んだスタッフ一同、感激しきりです!

広島商業3.jpg
広島商業1.jpg
広島商業2.jpg
たまたまこの時期現場スタッフに不幸があり、納期の件でご迷惑をおかけしたにもかかわらず、担当の先生からも直接お礼の電話などをいただきました。



広島商業に限らず、多くの学校で「実務教育」の取り組みが行われているかと思いますが、その取り組みの中でまいあめ工房が製作するオリジナルキャンディーが、少しでも役に立てば幸いです。

世界一のキャンディーとまいあめ工房のコラボ

正直言って、今年のクリスマスは「総選挙」の関係かマスコミでの報道は例年より控えめな感じが否めないですね。

先行きが不透明な状況で浮かれた気分にならないのはまあ仕方がないことではあります。

しかしながら海外ほどではないとはいえ、消費に大きなインパクトがあるクリスマス商戦。

どの業界もかなり前から準備を開始しているはずですよね。

かくいうまいあめ工房も、直接的なクリスマス商品という形でホームページ上で展開しているわけではありませんが、様々な依頼の中でクリスマスがらみのものは制作しています。

某アーチストのツアーグッズであるとか・・・・
某有名キャラクターの限定商品であるとか・・・

その中でも、まいあめ工房の職人魂を揺さぶる一大プロジェクトは、7月から打ち合わせと準備を始めた企画です。

プロジェクトの依頼主はかの「グランドハイアット東京」様でした。

さて、この画像はご存知でしょうか?というより、何だかわかりますか?

Hyatt.jpg
これはグランドハイアット東京様の「フィオレンティーナペストリーブティック」の岡崎副料理長が、2012年3月に開催された国際製菓コンクール「ル・モンディアル・デ・ザール・シュクレ2012」で見事優勝された際、注目された飴細工です。

グランドハイアット東京様からのリクエストは

「この世界一に輝いた飴細工をモチーフにした組飴を作ってほしい」 というものでした。

グランドハイアット東京様のマーケティング部によりますと、世界一の飴細工の技術をもってしても「組飴」での制作は全く別次元の難易度になるため制作できない。組飴の職人さんにお願いするしかない。

ということで、まいあめ工房に依頼があったというわけです。

世界一の飴細工を制作したグランドハイアット東京様からの依頼ということで、まいあめ工房の職人も非常に燃え上がりました!

が、さすがに難しい。。。この飴細工を組飴のデザインにするところから「どうしたらいいの?」の連続です。

夏の間、グランドハイアット東京様と打ち合わせを重ね、何とか「これで行きましょう!」というデザインに落ち着いたのがこちらです。

グランドハイアット東京キャンディー.jpg

ずいぶんスペースを取る画像になって申し訳ないですが、直径60ミリほどの大きさのロリポップキャンディー(ペロペロキャンディー)です。

モチーフの飴細工の球体渦を巻く模様を組飴で表現しようという試みです。

デザイン的には「それで?」って感じでしょうけれど、これを60ミリの直径の飴にするのは至難の業です。

デザイナーの逆巻くクリエイター魂にw、職人の意地とプライドをかけて制作するしかないという一大プロジェクト!

さて、ここまでこのブログをお読みくださった皆様の中ではこのデザインのどこが難しいのかわかる人はいないと思います(お分かりになるようでしたらあなたは組飴職人になれますw)。

20kgで炊き上げた飴は40分以内に作りきらないと飴が冷えて固まってしまい失敗、となります。
柔らかいうちでないとパーツの成型ができません。
パーツを成形した後は、各パーツを組み合わせる作業が待っていますが、このデザインの場合、渦巻き状に組み上げようとすると飴の自重でつぶれてしまい、渦巻き状に組み上げることができないのです。

つぶれないように各パーツを固めきってしまうと、制作時は直径25センチで組み上げていきますので、最終の商品サイズ60ミリに成形することができなくなります。

デザインは決定したのですが、製作方針は決定しないままwタイムリミットは近づいてくるのでありました。

グランドハイアット東京様からは
「とても楽しみにしています」
「期待しています」
などなど、お電話でそしてメールでメッセージをいただき
、私は「頑張ります!」と元気よくお応えしている割には、プレッシャーで押しつぶされそうな日々。。。

いよいよ制作日、具体的な案が出ないまま、本当に飴が炊き上がる直前に決めた製作方針は
「普通に放射線状に組み上げてあとは俺が何とかする!」
という、信じられないような大将頼みの製作方針。 Σ(゚Д゚;エーッ! という間もなく飴が炊き上がり、待ったなしの40分一本勝負!

それはル・モンディアル・デ・ザール・シュクレ2012のチャンピオンに対し、組飴職人としての大将の意地と技術が挑むまさに戦場でした。

飴の出来については、

「あとは、お客様が満足してくれるかだよな」

という一言でだけで、大将は多くを語りませんでした。

いろいろと思うことがあったのでしょう。。。。淡々とアッセンブリを施して、発送作業を行いグランドハイアット東京様からの連絡を待つ、こちらにできることはあとはこれだけ。

そして、翌日。
グランドハイアット東京様からメールが入りました。(以下メールの一部を引用)

------------------------------------------------------------------------------------------------------
本日、送っていただいたキャンディーを総支配人へプレゼンいたしました。
総支配人が大変気に入りまして、こちらを追加発注をお願いしたいと思います。

--------------------------------------------------------------------------------------------------------

ということで、グランドハイアット東京様の2013年のクリスマス企画、「クリスマスチャリティープログラム」でのコラボが決定したのでした!

店頭で販売されているキャンディー(売り上げはすべてチャリティーとなります)

店頭.JPG
そして、エントランスに用意されたスペース、「スイーツの森」に設置されたクリスマスツリーにも、500個ものまいあめ工房作成の飴が飾り付けられています。

Tree01.jpg
Tree02.jpg
Tree03.jpg
グランドハイアット東京様のお話によりますと、キャンディーの飾りつけには業者さんが徹夜で行い、何とか間に合ったということでした。本当に飾り付けも大変だったと思います。

この飾り付け用の飴には、一個一個にもくねじを入れてあります。

飴の製作だけでなく、この作業にも大変な手間がかかりましたが、現場でこのツリーを見るとその苦労が報われた気がしました。

飴細工と組飴は、素材が飴であるということ以外は全く別の技術のため完全にテリトリーが分かれています。

世界一の飴細工職人を要するグランドハイアット東京様のこの企画にコラボレートすることができたということは、我々の組飴も世界一と思わずうぬぼれてしまうような、まいあめ工房にとってはとてもインパクトのある大きな出来事でした。

12月12日に19時に撮影した写真ですが、説明のために明るく撮影いたしました。

実際の夜の雰囲気をしたので是非動画でお楽しみください。


合格飴を受験シーズン前に使ってくださる業種とは?

いよいよ年末ということもあってか、まいあめ工房も強烈に忙しくなってきました。

一釜一釜すべて手作り、機械が入る余地のない飴の炊きあがりから組み上げ作業までを、一日に7回から8回繰り返す現場の作業は、物理的に20kgを超す飴を取り扱う関係で、体力的にもかなりハードな仕事です。

20kgぐらいの飴を炊かなければ、熱量を維持できず、飴が固まってしまうため複雑なオリジナルデザインを飴に組み込むことができないのです。

まいあめ工房の最小ロット3500個はそういった理由から決まったのでした。

3500個という数量は企業にとってはそれほど気になる数量ではありませんが、個人にとってはかなりの数量です。

そこで少しでも多くの人に、まいあめ工房の技術の高さ、手作り飴の美味しさをわかっていただければという趣旨で、個人向けに「ありがとう飴」「よろしく飴」などのメッセージ飴を50個単位で販売しています。

おかげさまで、カラフルでかわいいためか、多くの方にご利用いただいています。


そんな個人向けまいあめの商品シリーズの中で、実は最初のアイテムは合格飴でした。


頑張る受験生を応援するつもりで企画した商品ですが、販売開始からすでに4年ほど経過し、受験シーズンを迎えるころになると大手新聞などからの取材依頼をいただくため、ご存知の方も多いかと思います。

goukaku_big.jpg

今年は例年より2か月早く、10月からの販売を始めましたが現時点(12月9日)すでに個数にして30000個以上の販売をしています。
この数字はじつは昨年同時期の倍の数量です。

さてここで問題です

実は倍になった原因というのは例年より2か月前に発売したためという理由だけではありません。
半数に上る15000個が個人からお申込みではなく、法人というのが特徴です。
そしてお申込み地域は様々なのですが、すべて同一業種からの注文なのです。さてどういった業種でしょうか?

たぶん多くの方の答えは予備校や塾や学校といった「受験にかかわる業種」「受験産業」かと思いますが、これが違うんですね。

初めにまとめてきた注文では業種はわからなかったのですが、2件目3件目と同一業種が続き意外に思ったものですから、一番初めにお申込みいただいた企業の方に差し支えなければ業種をお知らせくださいとお尋ねしたところ、以外にも2件目3件目と同じでしたので、これは何かあると考えてしまいました。


答えは・・・・




不動産業でした



その理由については皆さん想像してみてくださいね。

よろしければ是非コメント欄に書き込んでみ下さい。



11月下旬以降は不動産業のお客様からの依頼はぴたりとなくなり(3月にはまた増えると思われます)、例年通り個人のお客様がぐっと増えてきています。


今年は10個入りの袋を思い切ってリニューアルしました。

10個袋合格飴.jpg
使い勝手も考えて、袋にチャックをつけました。

goukaku2.jpg
開封後も後からきちんと閉じられます。

goukaku3.jpg

職人が作りました飴も、割れや欠けなどはもちろん、文字のクオリティーも通常 の「まいあめ」より厳しい目視チェックをした上(生産量の約34%が通常の商品 ならOKなクオリティーでも合格飴では破棄します)、その上裏表がランダムに包 装された飴を、ピロー包装内で表にし確実に読めるように調整しています。

文字通り、厳しいチェックに「合格した飴」のみが「合格飴」となってお客様のもとに届くのです。


この厳しいチェックや特殊な作業についてのお話はまた後日・・・。

総選挙となると「必勝飴」が

忙しさにかまけているうちに、あわただしく政局も動き、気づいたら年内総選挙という事態になっていて、電話などをいただいて現実に引き戻された。そんなような今日この頃です。

どのような電話があって現実に引き戻されたのかといいますと、

「『必勝飴』って販売していますか?」

この問い合わせ電話です。

あ、必勝飴!本当だ!

必勝飴.jpg

いやいや忘れていましたよ。大事なことを。。。

前回も前々回もそういえば作ったなぁ。。。

「近いうち」発言が出たころはどのタイミングで作ろうかと考えてはいましたが、野田総理と私との「近いうち」に対する認識の違いと、忙しさですっかり総選挙のことが頭から離れていました。

生産スケジュールをどこかで組みなおさなきゃ!!

前回の総選挙はちょうど良いタイミングで新聞社からの取材の打診を受けていましたのでこんな感じで掲載いただきました。

朝日新聞さんと

2009年総選挙朝日新聞.jpg
中日新聞さん

2009年総選挙中日新聞.jpg

さすがに中日新聞さんにはちょっと名古屋弁っぽいローカール色が漂ってますw



年末年始はイベントごとが多くて、例年かなり忙しくなります。

お年賀飴も今年はご要望に応えるべく予約販売を受け付けていますので今も一生懸命作っていますし、年が明ければもうすぐセンター試験ですので、毎年毎年多くの方々に支持されています「合格飴」も今年はリニューアルして販売する関係で、すでに作りこみを始めています。

10個袋合格飴.jpg

そのほかさまざまなお客様の、オリジナルキャンディー制作のあわただしい中何とかやりくりして、必勝飴の制作スケジュールを12月28日か29日で何とかひねり出しました。

もうなんというか、計画性のなさというか底の浅さが出てしまったようなお話でスタッフの間ではかなりの顰蹙ものだったのですが、そこへ一本の電話が・・・・

「◎◎新聞の写真部ですが、必勝飴の制作予定がありましたら取材させていただきたいのですが・・・」

いやぁ、ありがたいです!
是非是非お願いします!


というわけで、順調に取材され記事など目にされましたら、「いいね」ボタンやコメントをお願いします。

有権者の皆様12月16日は権利を行使しに行きましょうね!

オリジナルデザインの組み飴作りの日誌。まいあめ工房の組み飴デザイナーが、組み飴作りの舞台裏をつづります。

組み飴デザイナーって?

オリジナルデザインの組み飴を作る際、飴の絵柄(形や色の組み合わせ)には、組み飴で表現しやすいものとそうでないものとがあります。そのため、組み飴独特のデザイン技法が使われます。

まいあめ工房では、お客様からいただいたオリジナル飴の原画をより良く再現するために、専任の組み飴デザイナーがお客様のデザイン画を組み飴用にデザインし直し、ご提案しています。

過去の記事(月別)

  • 組み飴でどこまで再現できるか?
  • まいあめができるまで

まいあめの関連商品

  • 合格飴
  • 「ありがとう」飴
  • 「祝」飴
  • 「よろしく」飴
  • 寿・めでタイ飴入り「まいボックス」登場!
  • ハードキャンディーのオリジナル制作